日常の中の非日常.com

また壊れたの.com

iphoneのトラブルに秒で答えるブログ

お風呂にスマホを持ち込むとジップロック使っても湿気で水没して故障するからマジでやめとくべきって話

こんにちは、kspippiです。

 

今日は『お風呂にスマホを持ち込んで大丈夫か』って話をします。

 

「今までお風呂でスマホをいじってたけど、大丈夫なのかな…」

 

と心配されている方は、ぜひ最後までお付き合いください。

 

そして考え直して下さい。いやほんとに。

 

お風呂でスマホ=自滅行為

 

タイトルの通りなんですが、お風呂にスマホを持ち込むべきではありません。

 

なぜなら水没するからです。しかもかなりの確立で。

 

そしてiphoneにとっての水没=致命傷です。

 

修理をしても直る保証はなく、

 

僕はこれまで、たった一回の水没でダメになったiphoneを腐るほど見てきました。

 

つまりお風呂にスマホを持ち込むことは、自滅行為そのものです。

 

仮にあなたがiphone7をお使いであれば、約8万円〜10万円くらいの品物をドブに捨てにいくのと同じです。

 

わざわざ自滅しにいく必要はありませんし、

 

それでiphoneが壊れてしまっても絶対に文句は言えません。

 

というか、

 

10万円近くする高い物がぶっ壊れるかも知れないリスクを背負ってでも、

 

そんなにスマホを触りたいかって話なんですけどね。

 

浴槽に落としてないのに壊れた!!

 

とかなんとか騒ぐ人がいますけど、浴槽に落とさなければ良いというその考えが甘いです。

 

お菓子に例えると、生クリームくらい甘いですよ。

  

なんたって、たとえ派手に濡れてなくても、iphone湿気ですら水没する可能性があるんですよね。

 

浴室は湿気が充満しまくっています。そこら中水滴だらけですよね。

 

もちろんiphoneにも水滴はつきます。

 

そしてその水滴が、内部に入り込むことなんてザラです。

 

すると知らない間に水没してたりとか、そういうことが起こるんです。

 

だから浴槽に落とさなければ大丈夫なんてのは、見通しが甘すぎるってことなんです。

 

そういうことを普通に言ってしまう人って、

 

正直スマホ舐め過ぎ

 

と思っちゃいますね。

 

なのに「iphoneって水没に弱い」とか言っちゃうのって、

 

いやいや自業自得だからとしか思えません。

 

一番の対策はスマホをお風呂に持ち込まないこと

 

お風呂でスマホを使うために、わざわざ防水ケースまで買っちゃう人とかいますけど、

 

一番の対策はお風呂に持ち込まないことなんですよ。

 

さっきお話ししたとおり、たとえ派手に濡れなくても、

 

湿気ごときにやられかねないほど、iphoneはデリケートな子なんです。

 

だから例え防水ケースを付けていても水没する時はしちゃいますし、

 

ジップロックが良いとかなんとか言う人がいますけれど、

 

ハッキリ言ってそれ、なんの対策にもなってません。

 

もう一度言います。一番はお風呂にiphoneを持っていかないことです。

 

だから何千円もするような防水ケースの購入を本気で考えたり、

 

『お風呂でスマホを使えるようにするには』なんて調べるのは、

 

まったく持って無意味です。

 

むしろ、ネットで誰かが「これなら安全に使えます」とか言ってたとしても、

 

騙されないようにしてください。

 

現に僕はiphone修理店の経験で、お風呂で水没させた人をアホほど見てきました。

 

お風呂の時くらいスマホのことは忘れて、のんびりしてはいかがでしょうか。

 

さいごに

 

今回はけっこうな辛口でお話ししてしまいましたが、

 

お風呂スマホが危険だって事を分って頂きたくて言いました。

 

この記事で「お風呂にスマホを持ち込むのはダメなんだ」

 

と考えを改めてくれた人が、少しでも増えることを願います。

 

それでは、今回はここまでにします。

 

またお会いしましょう。

 

iphoneの画面が映らないのに音は鳴る原因!修理金額とその内容って?

f:id:kspippi:20170805132939j:plain

 

こんにちは、kspippiです。

 

iphoneの画面が映らず真っ暗なのに音はなる』

 

きっとあなたは、こんな意味不明な症状に悩まされているのではないでしょうか。

 

真っ暗な画面から急にアラーム音が鳴ったり、

 

どデカい着信音が鳴り響いたりして、

 

さぞ驚かれたことでしょう。

 

今回はこの原因と修理内容、

 

そして修理にいくらかかるのかを、現役iphone修理屋の僕からお伝えしていきたいと思います。

 

液晶の破損が諸悪の根源

 

はい、今回取り上げました『iphoneの画面が映らないのに音は鳴る』という症状、

 

原因は『液晶の破損』にあります。

 

何らかのことがあって(ex:画面割れ)液晶が壊れ、画面が映らなくなってるんです。

 

というかむしろ、壊れてるのは液晶だけですね。

 

音が鳴るということは、本体には何も問題はありません。

 

ただ液晶のみが映っていないだけなんです。

 

解決策は液晶交換

 

あなたのiphoneは、液晶交換修理をすれば直ります。

 

それだけで真っ暗だった画面がまたカラフルになり、

 

これまで通り使えるようになりますよ。

 

修理にかかる金額は?

 

当然ですが、修理をするにはお金がかかります。

 

そしてどれくらいお金がかかるのかは、

 

 

上記によって変わります。

 

正規店での修理金額

 

まずは正規店での修理金額から見ていきましょう。

 

現時点(2017/08/05)では、このように価格設定されているみたいです↓

 

f:id:kspippi:20170805133014p:plain

 

f:id:kspippi:20170805133034p:plain

画像引用:Apple サポート

 

apple care+に加入しているかどうかで金額は変わりますので、

 

もし修理に正規店を利用するなら、保証の有無をチェックしておきましょう。

 

非正規店での修理金額

 

次に非正規店を利用した場合の修理金額についてです。

 

こちらはappleのように、修理金額が統一されているわけではなく、

 

お店や地域によって値段が変動します。

 

だからどうしても一概には言えないのですが、

 

目安としてはこんな感じです↓

 

f:id:kspippi:20170805133058p:plain

画像引用:iPhone修理専門【あいさぽ】

 

明らかに正規店より安いですね。

 

ただし実際の状態によって、

 

料金表に書かれた金額と異なる場合があるため、

 

お店が近くにある場合は、一度持ち込みをしましょう。

 

遠方にお住まいでも、郵送修理を受け付けてくれるお店は多いです。

 

その場合はiphoneをお店に送って、見積もりをしてもらうのがベストだと思います。

 

最後に

 

最後にまとめいっときましょう。

 

  1. iphoneの画面が映らないのに音が鳴るのは、液晶が壊れているだけ
  2. 液晶交換修理をすれば秒で直る

 

なお、修理店については、以下のように検索すると探しやすいと思います↓

 

  • iphone修理 お住まいの地域(東京とか千葉とか)
  • iphone修理 駅名(新宿駅とか)

 

ただ最近の非正規店は、誇大広告を打つことがけっこうあります。

 

なので思ってた料金と違うなど、トラブルが起きることも少なくはありません。

 

もしあなたが非正規店を利用するなら、事前に電話をしておくと良いでしょう。

 

では、今回はここまでにします。

 

またお会いしましょう。

 

iphone保護フィルムの必要性についての3分間のお話

 

f:id:kspippi:20170804223714j:plain

 

こんにちは、kspippiです。

 

今日は保護フィルムについてのお話です。

 

携帯会社のお姉さん達は、

 

「絶対フィルムいりますって~☆彡」

 

などとあからさまな営業スマイルを作り、

 

いかにも~な理由を付けてゴリゴリ販売してきますが、

 

果たして本当に必要なのでしょうか。

 

この辺り、ちょっと現役修理屋の立場から、お話ししてみたいと思います。

 

フィルムを付けようか迷っている方や、

 

「お姉さんに言いくるめられてるのかな…?」

 

などと不安な方、

 

この記事でそのお悩みが解決するかも知れません。

 

わずか3分程度で読めると思いますので、

 

良かったらお付き合いください。

 

保護フィルムは必要

 

僕としては、保護フィルムは必要だと考えています。

 

f:id:kspippi:20170804223942j:plain

 

理由はシンプルに、iphoneの液晶画面が割れにくくなるからです。

 

たまに「あってもなくても変わらない」と言う人がいますが、

 

変わらないなんてことはありません。

 

僕はむかし仕事で、フィルムをつけているiphoneと無しの物で実験をしたことがありますけど、

 

明らかにフィルムを付けている物の方が割れにくかったですからね。

 

フィルム無しのものを上から叩くとすぐ壊れちゃいましたけど、

 

付けている物に同じことをしても、まったくの無傷でしたよ。

 

でも確かに、フィルムを付けていても割れることはありますから、

 

あってもなくても変わらないと言う人たちの気持ちはわかります。

 

フィルムは液晶画面を割れにくくするだけの物

 

なぜ割れてしまうのかと言うと、 あくまで保護フィルムとは『液晶画面を割れにくくするだけの物』でしかないからです。

 

いくら丈夫なフィルムを使っていたとしても、画面が割れるときは割れてしまいます。

 

たとえ100均のフィルムだろうが、5000円くらいするガラスフィルムだろうが一緒です。

 

だから「保護フィルムをつけてたのに割れた! 役に立たない!」なんていうのはてんでお門違いなんですね。

 

繰り返しますが、あくまで保護フィルムの目的は『画面強度を上げる事』です。

 

絶対に画面が割れないと保証する物ではありません。

 

フィルムを付けててもiphoneの画面が割れてしまうのはなぜ?

 

次に、なぜフィルムを付けていてもiphoneの画面が割れてしまうのか。

 

その理由についてお話ししていきます。

 

落ちた角度が関係している

 

フィルムを貼ったiphone、その液晶画面が割れてしまうのは、

 

多くの場合、落ちた角度に原因があります。

 

たとえばiphoneが角から落下すると、とうぜん角からダメージを受けますね。

 

そしてそこは、保護フィルムで守られていない場所なんです。

 

f:id:kspippi:20170804224723j:plain

 

このように、フィルムの守備範囲外からのダメージに対しては、

 

まったくの無力という事です。

 

だから『保護フィルムを付けてたのに画面が割れた』なんて現象が起こります。

 

まとめ

 

最後にもう一度言わせてください。

 

保護フィルムは必要です。

 

iphoneの画面が割れ、めちゃくちゃテンションが下がり、

 

直すためにわざわざ修理屋を探して、

 

数千~数万円のお金を失うその可能性を、あなたが少しでも下げたいとお考えならば、

 

保護フィルムを付けましょう。

 

では、今回はここまでとします。

 

またお会いしましょう。

 

【30秒でOK】iphoneの保護フィルムを気泡を入れずに綺麗に貼る方法とコツ!

f:id:kspippi:20170802191557j:plain

 

こんにちは、kspippiです。

 

今日はiphoneの保護フィルムの貼り方についてお話ししていきたいと思います。

 

たぶん、あなたにもご経験があると思うんですが、

 

保護フィルムを貼る際に、どうしても空気が入ってしまったり、

 

内側にほこりがついてしまったりとか、

 

どうにも綺麗に晴れないことがあります。

 

そんな時って、

 

マジで腹立ちますよね。

 

気泡やほこりにバイバイ! 僅か30秒で出来る保護フィルムを貼り方とそのコツ!

 

でもこれから僕がお話しする方法であれば、

 

保護フィルムを綺麗に貼れず、右往左往したり、

 

当然ながら、イライラしたりすることもありません。

 

しかもたった30秒程度で完了するので、時間もかからないんですよ。

 

そんな魔法のような方法とそのコツを、これから写真付きでお伝えしていきたいと思います。

 

まずは液晶画面のホコリをお掃除

 

まずやることは、iphoneの液晶画面をお掃除する事です。

 

当然ですが、こんな指紋ベタベタ&ホコリがついた状態では、

 

保護フィルムを綺麗に貼れないですからね↓

 

f:id:kspippi:20170802191753j:plain

 

…で、ここを綺麗にするために、こんなモノを使います↓

 

f:id:kspippi:20170802191819j:plain

 

中には小さな布が入ってまして、

 

1番がウェットティッシュみたいなやつで、2番が乾拭き用です。

 

まずは1番でiphoneの画面を磨き、その後、2番で乾拭きする流れです。

 

するとこのように綺麗になります↓

 

f:id:kspippi:20170802191848j:plain

 

はい、ピッカピカですね。

 

で、この後は細かいホコリを払っていくわけですが、

 

その時にコイツを使います↓

 

f:id:kspippi:20170802191911j:plain

 

よくあるエアダスターですね。

 

主な用途はパソコンのキーボード掃除などですが、

 

スマホの画面からホコリを一掃するのにも大活躍します。

 

そして、ホコリを吹き飛ばせばそれでお掃除完了です。

 

気泡を入れずに画面フィルムを貼るコツ!

 

ここからいよいよiphoneの画面に保護フィルムを貼っていきます。

 

まずやるべきなのは、

 

保護フィルムをシートから剥がしてiphoneの画面に置くことです↓

 

f:id:kspippi:20170802192121j:plain

(画面のフチと合わせ、保護フィルムを置いた状態)

 

そのあと、画面中央に指を当て、下から上になぞるようにすると…

 

f:id:kspippi:20170802191944j:plain

 

見事に空気が左右に分かれていきます。

 

するとこういう状態になるんですな↓

 

f:id:kspippi:20170802192030j:plain

 

これでもかなり綺麗なんですが、

 

まだ隅の方に若干空気が溜まっていますよね?

 

f:id:kspippi:20170802192050j:plain

 

でもこれは布とかで磨いてやれば自然となくなるので、特に心配はいりません。

 

そして完成です↓

 

f:id:kspippi:20170802192105j:plain

 

写真のとおり、気泡やホコリがなく、綺麗に保護フィルムを貼ることが出来ましたね!

 

最後に

 

まずはiphoneの画面を磨く&ホコリを除去すること。

 

そして保護フィルムを貼る際は、真ん中から空気を分けていくというのが、綺麗に貼るコツです。

 

この方法でいけば、今後あなたがスマホに保護フィルムを貼る際、

 

気泡やホコリに悩まされなくて済みますね。

 

ぜひぜひ、お試し頂ければ幸いです。

 

それでは、今回はココまでとします。

 

またお会いしましょう。

 

iphoneが水没して電源が入らない!正しい対処法はたった1つ!

f:id:kspippi:20170731225724j:plain

 

こんにちは、kspippiです。

 

今日はiphoneが水没して電源が入らないとお困りのあなたに、

 

現役修理屋で、これまで1000台以上のiphoneを見てきた僕が、

 

その対処法についてお話ししていきたいと思います。

 

「今すぐ家族に連絡したいのに…」

 

「この前買ったばかりなんですけど!?」

 

「仕事で使うのに困ったな…」

 

「彼女or彼氏に連絡できないじゃん!?」

 

などなど、いろいろな想いがあって、

 

焦ったり不安になったりするのは十分に理解出来ます。

 

しかしながら、間違った処置をし、二度とiphoneが使えなくなっては大変です。

 

iphoneが心配で心配で仕方がないとは思いますが、

 

ぜひ最後まで記事を読んで、正しい対処法を知って頂ければと思います。

 

iphoneが水没して電源が入らないなら、すぐに乾燥を!

 

さて、iphoneが水没して電源が入らなくなってしまった時にとるべき対処法は、

 

iphoneを乾燥させることです。

 

これが最重要であり、もっとも優先させるべきなんです。

 

水没後、きちんと乾燥をさせていれば、

 

修理によりiphoneが復活する可能性は劇的に上がります。

 

知っておかなくちゃマズい正しい乾燥方法!

 

先に述べたとおり、確かに乾燥させることは重要です。

 

ですが、そのやり方は正しい方法でなくてはいけません。

 

やり方次第であなたのiphoneの命運は大きく変わりますからね。

 

…で、その正しい乾燥方法ですが、

 

ジップロックの中に乾燥剤とiphoneを一緒に入れることです。

 

なお乾燥剤について、特に種類は問いません。

 

極端な話、お菓子の袋に入っていたような、ああいう小さいものでも大丈夫です。

 

この時、iphoneの水気は取っておきましょう。

 

とは言え、何か特別なことをして頂く必要はなく、

 

iphone本体をタオルで拭くなど、それくらいの感じでOKです。

 

それと、SIMカードを外しておくこともお忘れなきよう。

 

外し方は簡単で、この穴をSIMピンでつついてやるだけです↓

 

f:id:kspippi:20170731230143j:plain

 

するとSIMトレーが出てきて、そこからSIMカードを取り出せます。

 

あとは修理するまで放置!

 

ここまで出来たら、水没後の対処は完了です。

 

あとは何もせずに、修理するまで放置しておきましょう。

 

この時「何かしないと…」とソワソワしやすいんですが、

 

下手に何かをして、余計に状況を悪化させてしまってはマズいです。

 

たとえiphoneが熱を持っていたとしても、なんかヤバい雰囲気が出ていたとしても、

 

正しい乾燥を終えた時点で、対処は完了しています。

 

なので、修理に出すまで触らないように意思を固めましょう。

 

それに、乾燥の過程でiphoneが復活することが稀にあります。

 

だからなおさら触るべきではないですね。

 

間違った対処法についてのお話

 

先ほど僕は、対処方によっては「命運を分ける」などと大げさなことを言いましたが、

 

せっかくなので、iphone水没後の間違った対処法についても触れておきたいと思います。

 

以下はいずれも間違ったやり方です。くれぐれも行わないように注意しましょう。

 

iphoneをドライヤーで乾かす

 

よくやりがちなんですが、水没したiphoneをドライヤーで乾かすのは危険です。

 

急激に熱が加えられることで、基盤がショートする可能性がグッと高くなるためです。

 

万が一そうなってしまうと、修理をすることが出来なくなってしまい、

 

そのiphoneの電源が再び入ることはありません。

 

基盤は僕ら人間で言うところの脳や心臓です。

 

そこがショートする=大ダメージを受けるということは……もうお分りですね?

 

iphoneを勢いよく振る

 

ネットの記事で「水没したiphoneをおもっきし振ったら直ったww」などと見かけることがありますが、

 

あれは絶対にやってはいけないことです。

 

そもそもなぜiphoneを振ろうと思ったのか意味不明なんですが、

 

あれをすることで余計に症状が悪化し、

 

本来修理をすれば直るはずだったiphoneがダメになってしまう可能性があります。

 

なので、みなさんは決してマネしないようにしましょう。

 

充電コードを挿す

 

水没でiphoneの電源が入らなくなったあと、充電コードを挿すのはNGです。

 

なぜかと言いますと、基盤がショートする可能性が高いからです。

 

水没後のiphoneは、大なり小なり内部が水びたしの状態です。

 

そんなところに電気を送り込むと、どうなるかは簡単に想像できると思います。

 

もちろん、電源が入ってまた使えるようになった後は、通常通り充電をして頂いて構いませんが、

 

少なくとも現段階、電源が入らないうちは、充電コードを挿さないように注意ですね。

 

水没は時間との勝負! 一刻も早く修理店へ!

 

先に述べた正しい対処をしたあとは、

 

一刻も早く修理店へ行きましょう。

 

水没は時間との勝負です。

 

つまり、水没から時が経てば経つほど、復旧できる見込みが薄くなります。

 

逆に言えば、修理にかかるのが早いほどに、復活する可能性が高まるということです。

 

水没して電源が入らなくなったあと、正しい処置をしたiphoneであれば、

 

直る見込みは高いです。

 

なので、iphoneをまたいつも通り使えるようにするために、

 

家族や恋人との連絡をいつでも取れるようにするために、

 

仕事のツールとして役立たせるためにも、

 

一刻も早く、修理店へGOです!

 

終わりに

 

以上、iphoneが水没して電源が入らなくなった後の、正しい対処法についてでした。

 

さっそくiphoneに正しい処置を施し、

 

そのあと最寄りの修理屋を探しましょう。

 

最近はネット予約できるお店が増えているので、

 

できれば予約まで済ませたいところです。

 

あなたのiphoneがきちんと直るよう、陰ながら祈っておきます。

 

それでは、今日はここまでとします。

 

またお会いしましょう。

 

iphoneの左画面が浮いているなら一刻も早く修理に出した方が良い3つの理由!

iphoneの左画面が浮いてきた!

 

f:id:kspippi:20170730231725j:plain

 

こんにちは、kspippiです。

 

今日はこんなトラブルにフォーカスしてみようと思います↓

 

iphoneの左画面が浮いてきた!!」

 

これはおそらくあなたのiphoneに、

 

現在進行形で起こっている症状だと思います。

 

そして、今のところは普通に使えているのだと推測されますが、

 

日に日に左画面の浮きが進行しているような気がして、

 

不安に思っているのではないでしょうか。

 

そんなあなたがとるべき行動はただ一つ、

 

一刻も早く修理に出すことです。

 

左画面の浮きを放置するのはマジで危険!!

 

なぜ修理に緊急性を伴うのかと言いますと、

 

左画面の浮きをそのまま放置していては、本当に危険だからです。

 

冗談抜きで、事故に繋がりかねません…。

 

ではいったい、何が危険なのか。

 

ただ左画面が浮いてきたというだけで、なぜ僕がこんなにも慌てているのか。

 

その理由をこれからお話ししていきます。

 

バッテリーが破裂する可能性が高い!

 

そもそもiphoneの左画面が浮く理由とは、バッテリーの膨張にあります。

 

iphoneの内部、左半分にバッテリーが設置されているのですが、

 

それが膨らむことにより、下から画面が押し上げられ、

 

結果、浮いてくるというワケです。

 

f:id:kspippi:20170730232131j:plain

(このお餅のように、膨らんでくるんです)

 

そしてコレ、放置しておくと本当に大変なことになります。

 

なんと、バッテリーが破裂するかも知れないんですよ。

 

バッテリーの破裂による事故…という話題をテレビやネットで見たことがあると思いますが、

 

まさにあれと同じことが、あなたの身に降りかかるかも知れないってことです。

 

僕はいちど、バッテリーが破裂するのを目の当たりにしたことがあるのですが、

 

それはもう悲惨ですよ。

 

辺り一面に煙が立ち込め、まるで火事のようになるんです。

 

あれは本当に怖かったですし、今でも思い出すだけで寒気がするほどのトラウマになりました。

 

もしも破裂してしまったら、iphoneはおろか、あなたの身も危ういです。

 

なのですぐに修理店に対応をお願いしましょう。

 

そのうち画面が点かなくなる

 

左画面の浮きを放置していると、そのうち画面が点かなくなります。

 

電源はもちろん入ってるんですが、画面だけが真っ暗のまま変わらないなんて言う、意味の分からない状況になるんですね。

 

これは液晶の破損からくる症状で、今回の場合は先ほどと同様、バッテリーの膨張が原因です。

 

バッテリーによって画面が押し上げられ、まず液晶にダメージが入ります。

 

そして時間が経つうちに、そのダメージが大きくなり、

 

結果、液晶が完全にダメになってしまうという事です。

 

こうなると、バッテリーの交換が必要なのはもちろん、

 

画面液晶交換も必要となります。

 

すると料金がかさみ、機種によっては中古の本体を変えるくらいにまでなっちゃうんですね。

 

なので、まだ左画面の浮きが浅いうちに、

 

早めに修理に出すのが無難です。

 

タッチが効かなくなる

 

画面が点かなくなるのと近いですが、左画面の浮きを放置すると、タッチが効かなくなることがあります。

 

こちらは画面はちゃんと点いているのに、タッチだけが効かないという、なんとももどかしい内容です。

 

いくら画面が点いていたとしても、タッチが効かない=操作ができない状況では、iphoneを使うことは出来ません。

 

もちろんご自身で出来る対処法などなく、確実に修理が必要な内容です。

 

どうしてもiphoneが必要な場面で、急にこうなってしまっては大変です。

 

なので今のうちに、修理店を利用しましょう。

 

それでまるっと解決です。

 

終わりに

 

左画面の浮きについて、いろいろと話してきましたが、

 

思ったより状況は深刻であることをご理解いただけたかと思います。

 

特に最初にお話しした、バッテリーの破裂はか・な・りヤバいので、

 

絶対に避けなければなりません。

 

そのためにも出来るだけ早く、最寄りの修理店を訪ねましょう。

 

ちなみに修理店に関しては、以下の記事が参考になると思います↓

 

【こちらの記事もいかがですか?】

iphone修理をするなら正規店or非正規店? それぞれのメリットデメリットを書いてみた

 

ではでは、今回はここまでとします。

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

またお会いしましょう。

 

iphoneの画面を押すとにじむのはなぜ?放置しておくとヤバいかも!?

iphoneの画面を押すとにじみが出る!

 

f:id:kspippi:20170729221949j:plain

 

こんにちは、kspippiです。

 

今日も現役iphone修理屋の僕が、トラブルについてお話ししていきたいと思います。

 

さて、今回取り上げる内容は、

 

iphoneの画面を押すとにじむ

 

というものです。

 

今日はこの原因と、その対策についてお話ししていきますね。

 

「急ににじみが出始めて困ってる」

 

「操作は出来るんだけど、なんだか気持ち悪い」

 

と、このようにご心配な方は、最後までお付き合い頂けると幸いです。

 

この記事を読み終わるであろう5分後には、スッキリしていると思いますので!

 

ではでは、いってみましょう。

 

iphoneの画面がにじむ原因はたったひとつ!?

 

いったいなぜ、iphoneの画面がにじむでしょうか。

 

これは、画面液晶の破損が原因です。

 

液晶が壊れていると、画面の色が変化することが多々あるのですが、

 

今回のにじみも、その一端です。

 

僕はこれまで、冗談抜きで1000台ほどのiphoneを診てきましたが、

 

その上での判断ですので、まず間違いないと思って頂いて構いません。

 

悪化すると危険!?

 

もしもタッチ操作などが出来る場合、まだ液晶の破損としては軽度と言えます。

 

しかし時間が経つにつれて、症状が悪化していくと、

 

とうとう完全に反応がなくなってしまいます。

 

これはつまり、タッチ操作が出来なくなるということです。

 

他には画面自体が映らなくなったりすることもあり、

 

とにかく放置しておくとまずいのが、液晶のにじみなんですね。

 

修理店にはなんて相談すれば良いの?

 

iphoneの画面ににじみが出た場合、修理以外で改善する手段はありません。

 

なので、修理店を頼ることになると思うのですが、

 

その際は液晶交換修理を依頼しましょう。

 

それでにじみは改善され、また綺麗な画面でiphoneを操作できるようになります。

 

今後にじみが出ないようにするには?

 

iphone修理を終え、元通り綺麗になったあとは、今後にじみが出ないように気をつけましょう。

 

そしてその対策として挙げられるのは、

 

  • iphoneを落とさない特にアスファルトなどの硬いところはNG
  • ズボンの後ろポケットなど、密閉される場所にiphoneを入れない圧が加わって、画面に負担をかけてしまう)
  • iphoneの画面に保護フィルムを貼り、強度を上げるダメージを受けにくくする)

 

以上の3つです。

 

これらはすべて、画面を守る行為そのものです。

 

液晶のにじみは液晶の破損によって起こります。

 

なので画面を守る工夫が、そのままにじみ防止となるワケですな。

 

終わりに

 

やはりiphoneの画面はもろく、いつ壊れてもおかしくありません。

 

今回取り上げたにじみのように、いつの間にか破損していたなんて事もあります。

 

やはり一番は、上で挙げたとおり「画面を守ってやること」です。

 

修理をした後は、その点を少し意識してみると良いかも知れません。

 

では、今回のお話は以上です。

 

またお会いしましょう。

 

【以下の記事もいかがですか?】

iphone修理をするなら正規店? 非正規店? それぞれのメリットとデメリットとは?