日常の中の非日常.com

日常の中の非日常

iphone修理店での経験を生かして役に立つ情報を発信していくブログ

3DS LL スーパーファミコンエディションが発売決定! 気になる発売日や、せどりの動向などを予想してみた!

任天堂スーパーファミコンデザインの3dsの発売を発表

 
スーパーファミコン任天堂のゲームハードだ。1990年に発売され、国内販売台数は1717万台という大ヒットを記録した商品。
 
僕も子供の頃はスーファミで遊びまくったものだし、マリオRPGなんかは今でもプレイしてみたくなる時があるくらいだ。
 
そして今回、なんとそのスーファミ3dsとなって登場するようだ。その報らせは今朝発表されたのだけれど、すでに各地で話題騒然、特にTwitterでは欲しいとの声があがりまくっている。
 
で、その画像がコレ。
 
f:id:kspippi:20160304105745j:image
 
もうね、まんまスーファミ。どこをどう見てもスーファミ。コレ、3dsって言われないと気付かんだろっていうくらいの完成度。すごいっしょ?
 
でも何で今さらスーファミ? と思ったのはきっと僕だけじゃないはず。ということで、今回はこのスーファミ3dsがなぜ発売されたのかと、今後の展開を予想した記事をお送りさせて頂こうじゃないか!
 
発売のキッカケは、3dsスーファミのタイトルを遊べるようになるから!
 
以前から好評の3ds専用バーチャルコンソール。このバーチャルコンソールは、過去に発売された懐かしのソフトをプレイ出来るのが魅力だ。例えばゲームボーイだとか、ファミリーコンピューターとか、過去のハードでのみ取り扱われた名作を最新のハードである3dsでプレイ可能ということ。
 
そして2016年3/4、このバーチャルコンソール上で、満を持してスーファミのタイトルが解禁されたのである。つまりコレは、3dsスーファミのソフトをプレイできるようになることを意味する。
 
ちなみにバーチャルコンソールで扱われるタイトルの第一弾が、先日発表された。この報せを受けたゲームファンは歓喜しており、すでに盛り上がりを見せているようだ。ちなみに今回発表されたタイトルは以下の5タイトル。いずれも文句なしの名作ばかり。
 

f:id:kspippi:20160312154240j:plain

 
任天堂の思惑としては、今回のバーチャルコンソール上でのSFCタイトルの解禁の記念として、3ds ll スーパーファミコンエディションの発売に踏み切ったようだ。確かにコレはいい追い風になるだろうし、ほぼ間違いなく収益アップに繋がることだろう。
 
しかしまぁ、スーファミデザインの3dsスーファミのタイトルをプレイ出来るなんて、めちゃくちゃ粋なことをしてくれるじゃないか。久しくゲームを買っていない僕だけれど、今回ばかりは任天堂の思惑に乗ってやりたくなってきたぞ!
 

要予約! 販売方法は受注生産! 気になる発売時期は4/20以降!?

 
気になる販売方法だけれど、どうやら受注生産になるよう。ちなみに任天堂のホームページでのみ受付可能なのだとか。だから発売されて店頭に行っても残念ながら手に入れることは出来ないのだ。予約が必須なので、「欲しい!!」とうずいているそこのアナタ、ここは要注意ポイントだぞ!
 
で、気になる発売時期について。こちらは4月中旬から受付開始になるみたい。詳しい日程は未定のようだが、僕の予想は4月20日以降だ。なぜなら、4月28日に3ds星のカービィ最新作であるロボボプラネットが発売になるから。今までの傾向から考えて、何かを発売するとき、直近で発売される別の話題のタイトルと発売時期を併せるケースが多い。だから僕は、今回の予想に辿り着いたというワケ(外れたらごめんねw)。
 
ちなみに販売金額は21,600円(税込)。普通の3ds LLが19,800円(税込)だから、少しだけ値段が高くなっているよう。まぁ差額1,800円くらい欲しい人からしたらどうってことはないのだろうけどね!
 

争奪戦は避けられない!? 3ds SFCエディションを狙う、転売ヤーたちの影が迫っている!!

 
こういう話題性があるものが発表されると、決まってある人たちが暗躍し始めるのはもはやデフォ。コレはもうこの世の摂理、ハガレン風に言ったら真理といっても言い過ぎじゃないと思うわ。
 
で、そのある人たちとは転売ヤーのこと。転売ヤーとは何かの商品を購入し、購入した金額よりも高い値段で転売をする人たちの総称である。ちなみに転売行為のことをせどりとも言うので、一部ではせどらーという名称で通っている。
 
転売ヤーないしせどらーは常に美味しい商品に対してアンテナを張っているのだけれど、今回見事にスーファミ3dsが彼・彼女らのアンテナに引っ掛かったというワケだ。現に、すでに話題になっているみたい。
 

shick-sedori.com 

 

この記事はほんの一例で、同じような内容の記事が他にもいくつか見られた。このように3ds llの発売の報せは、既に転売ヤーの知るところとなっているのが現状だ。

 

 3ds SFCエディションのプレミア化は避けられない!? 気になる予想金額は!? 

 

今回の3dsスーファミエディション、発売後にプレミア価格となるのはほぼ確実だ。というのも、過去に発売された限定版3dsは、ほぼ例外なくプレミアが付いているからである。

 

例えば一つの例として、コレをご覧いただきたい。コレは過去に発売された、3DSキングダムハーツエディションである。

 

キングダム ハーツ 3D [ドリーム ドロップ ディスタンス] KINGDOM HEARTS EDITION (初回生産限定版:ARカード同梱)

 

 ご存知キングダムハーツは注目度の高いソフトだから、その3dsがある程度プレミアが付くのは予想の範疇だろう。しかし、その予想を超えるこの金額。なんとamazon新品表示価格が36,509円となっているじゃないか!! しかも一時期は、価格が4万円台なかばまで高騰したというのだからビックリ仰天である。 

 

ちなみにコレがどれくらい高いのかというと、通常売価と比較して余裕で1万円以上高い。というのも、このキングダムハーツエディションが発売された時の金額は2万円台前半だったという。恐るべしプレミア効果……!! 

 

ちなみに2万円台前半って、まんま今回のSFCエディションと同価格帯なのよね。しかも話題性は今回のほうが圧倒的に上だから、ひょっとしたらこのSFCエディション、キングダムハーツエディションを遥かに超えるプレミア価格に高騰する可能性を秘めているのだ。ちなみに僕的には5万円くらいいくんじゃね、と冗談抜きで思っている。

 

高騰の理由は、ターゲット層が中年の人たちだから?

 

高騰するだろうと予想される理由は、おそらくターゲット層にある。そのターゲット層とは、30~40台の、いわゆる中年と言われる方たちだ。

 

ではなぜ、この層がターゲットになるのか。それはずばり、今30~40歳くらいの人が、リアルタイムでSFCをプレイしていた層だからだ。となれば、当時を思い返して購入する人が続出するだろうという見解が生まれる。やはり当時遊びまくっていたゲームが、現代の整った環境でプレイ出来るとなると、少なくとも興味は惹かれるはずだ。

 

しかも、これくらいの年齢の人って基本的に経済的に余裕がある人が多い。調べたところ30台の平均年収は約450万円で、40台の平均年収は約650万円。となれば、プレミアが付いて多少高くなったとしても、本気で欲しい人たちは余裕で購入するはずだ。

 

転売ヤーに負けないために! 情報を逐一チェックし、確実に予約をせよ!

 

きっと今回の案件で、転売ヤーないしせどらーが本気を出してくるに違いない。だから彼・彼女らに負けないために、3ds SFCエディションを本気で欲しいと思う人は、情報を逐一チェックし、確実に予約するべきだ。

 
本日3/12に情報を調べたところ、現状まだめぼしい情報は公開されていない。今後なにか情報があればこちらに追記していくので、良かったら今後もチェックして頂ければ幸いだ。
 

終わりに

 

以上を持って本日の記事をシメとさせて頂く。この記事が皆さんのお役に立てたのであればこれ以上嬉しいことはないし、僕も今晩はグッスリ眠れるというものだ。

 

最後に、良かったら皆さんにご協力して頂きたいことがある。それは以下の通りだ。

 

↓↓にほんブログ村の人気ブログランキングに参加中! あなたの一票を1クリックで僕にください!↓↓

 

 にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村

 

ということで宜しくお願い申し上げる。