日常の中の非日常.com

日常の中の非日常

iphone修理店での経験を生かして役に立つ情報を発信していくブログ

3/10のスッキリ!! を視聴して思った。ゲス川谷の発言に対する宇野常寛さんの意見が素晴らしい。

ゲスの極み乙女の川谷さんがまたやらかしたww

 

今朝、爆睡していた僕を現に戻したあるニュース。それは、かねてから不倫騒動で話題となっていた、ゲスの極み乙女の川谷さんにまつわる新しい情報だった。

 

で、そのニュースがコチラだ。まったく僕が今朝見たスッキリ!! で報道されたとおりの内容である。

 

www.asagei.com

 

ちなみに上に記事を要約すると、先日のゲス極のライブにて川谷さんが、「今回の騒動は僕ら当事者同士の問題なのに、世間に謝れってどゆこと? てか世間の誰に謝ればいいのwwwww」などと発言したとのことなんだけれど。

 

それがライブに行っていたファンの口から明らかになったそうな。てか口軽すぎだろうゲス極のファン……ww

 

ゲス川谷に対する世間の風当たりはやはり強いみたい。だが……

 

今回のゲス川谷の発言に対する世間様の反応は、やはり良い反応ではない。「この期に及んで開き直るとかマジでクズ! まさにゲスの極みだな!!」とプンスカしている方が多いようだ。

 

 

 

 

確かに一連の騒動で川谷さんがやったことは最低だし、正直擁護のしようがないまさにゲスな所業だ。そこにこの発言ときたもんだから、世間の皆さんが怒るのも無理はないだろう。

 

しかし、やはり反対の意見もあるようだ。事実、今朝のスッキリ!! で、コメンテーターの宇野常寛さんが「彼の話に一理ある」とコメントしていた。彼が言うには、「内輪の話に部外者が口を挟む必要ねーじゃん。意味わかんねw」とのことなんだけれど。

 

そして僕も、宇野さんの意見に全力で同意する。僕にはどうも何か問題を起こした人に対し、わざわざ公共の場でけじめを付けさせようとする風潮が意味不明なのだ。当事者以外の外野が騒いだところでまったく意味がないし、それこそ宇野さんが言うように、当事者と関係者同士で解決すればそれで済む話じゃん、とも思う。

 

実際に、WEB上では同意見の人がチラホラ見られた。

 

 

 

 

こんな具合である。

 

本当、日本人って何かとターゲットを見つけては、槍玉にあげたがる習性がある。今回の一件もそうだけれど、皆さんはもっと身近なところで今回のような光景を見たことがあるはずだ。

 

たとえば小学生の時。皆さんが通っていた小学校では、下校前に終りの会という、中学高校で言うところのホームルームがなかっただろうか? そしてその終わりの会では、何か問題を起こした生徒がみんなの前に立たされ、先生に叱り付けられるという光景が恒常的に見られたはずだ。それを見た他の生徒は野次馬と化し、その生徒に対する誹謗中傷を始める。それはもうほとんどいじめのような光景だったことを、皆さんは覚えていないだろうか?

 

そして中学、高校では学年集会というものがあった。そこでも同じように一人の生徒が、みんなの前で槍玉にあげられるという光景が恒常的に見られた。さらに義務教育を終えた後も、大学ではサークル、部活などでそういうことが起こり、そしてそれは社会人になってからも続いていく

 

僕はなんだか今回の騒動で、みんな昔からやることは変わらないなぁと思ってしまった。もっとも、今回の川谷さんの発言は槍玉にあげられても仕方がないし、僕も必要以上に擁護する気はないのだけれど。

 

さて、コレを読まれているアナタは今回の騒動についてどうお思いだろうか? 良かったらアナタのご意見を聞かせて欲しい。