日常の中の非日常.com

日常の中の非日常

iphone修理店での経験を生かして役に立つ情報を発信していくブログ

3/26のエンタの神様SPで「小野妹子 遣隋使」を披露した、本能寺の変の芸人こと、エグスプロージョンについて調べてみた!

本日、3/26に放送された「エンタの神様」。今回のエンタの神様に出演した、とある芸人が披露したあるネタがWEB上で話題になっている。

 

それはエグスプロージョンの「小野妹子」。この曲中で繰り返されるフレーズ、「陏ZU陏 陏陏ZU陏~♪」にヤラレタ人が続出中だ!

 

 

 

そしてエグスプロージョンによる「小野妹子」がコチラだ。皆さん、笑いなしには観られないから、心して観て欲しい。

 

www.youtube.com

 

いかがだろうか? 僕は3/26のエンタの神様を視聴中に、ふとこのエグスプロージョン小野妹子を目にして、腹がよじれるかと思ってしまうくらい爆笑してしまった。

 

ということで、本日の記事ではこの芸人グループ、「エグスプロージョン」にクローズアップする。

 

本分はダンサーユニット!

 

僕は冒頭で「芸人」と紹介してしまったが、このエグスプロージョン、本分は芸人ではない。本分はあくまで「ダンサーユニット」なのである。

 

出身はストリートダンサー。それも、例年ストリートダンスでのライブを行っていたという異色の経歴持ち。その実力は相当なもので、多くの有名ダンサーを輩出した番組、「スーパーチャンプル」にて、彼らエグスプロージョンは「チャンプルダンサーランキング」初代殿堂入りを果たしたのである。

 

また、エグスプロージョンは様々な分野でその才能をいかんなく発揮している。実はエグスプロージョンは、エグスプロージョン自身のパフォーマンス活動のほかに、アーティストへのダンスの振り付けやイベントCM、モデル、PV、小中学校でのダンス指導などをこなす、超絶マルチプレイヤーだったのである!

 

しかもこと振り付けにおいては、あのトップアーティスト、森山直太郎が開催したコンサートツアーのダンスの振り付けを担当するほどだ。

 

有名になったキッカケはYOUTUBE

 

彼らエグスプロージョンが有名になったキッカケは、彼が公開しているYOUTUBEのある動画シリーズにある。その動画シリーズとは、「踊る授業シリーズ」のことである。

 

この踊る授業シリーズは、主に歴史ネタで形成されている。たとえば「関ヶ原の戦い」や、「島原の乱」など、いずれも社会科の教科書で出てくるような有名な歴史ネタがずらり。これら歴史ネタを、エグスプロージョンの本分であるダンスを交えて、動画の視聴者の皆さんに授業するという趣旨である。(だから踊る授業、なのね!)

 

このシリーズ中、もっとも人気を集めたのは「本能寺の変」だ。エグスプロージョンのリーダーまちゃあきが織田信長をリスペクトしているだけあって、やはり彼らのプレゼンする「本能寺の変」はワケが違う。なんとこの「本能寺の変」の動画だけで46,366,300回以上も再生されているという、超人気コンテンツなのである。

 

本能寺の変はコチラ!↓↓】

 

www.youtube.com

 

実は波田陽区の後輩だった!?

 

エグスプロージョンのリーダーを務める「まちゃあき」は、実はあの波田陽区の後輩なのである。

 

しかし、後輩といってもそこまで直接的な関わりはない。これは、「出身高校が同じ」という意味で後輩ということである。

 

エグスプロージョンのリーダー、まちゃあきと波田陽区が通っていた高校は、山口県下関市にある「豊浦高校」だ。ちなみに「とうら」高校と読むらしい。

 

この高校、下関市ではなかなかの進学校らしく、偏差値は50台後半。さらに野球部が強く、夏の甲子園に春夏と合わせて5回以上出場するという実績を持ち合わせている。

 

ここで学んだあらゆる歴史が、現在エグスプロージョンが披露している「踊る授業」シリーズの基盤を作ったのかと思うとなかなかに感慨深いものがある。

 

おわりに

 

今後ますます目が離せないエグスプロージョン。現在、次回の地上波出演は未定となっているが、早くも次回の出演が楽しみなところである。また、大人気「踊る授業シリーズ」の次回作も楽しみなところだ。