日常の中の非日常.com

日常の中の非日常

iphone修理店での経験を生かして役に立つ情報を発信していくブログ

猫カフェ「ねこのて」が営業停止処分! 実は去年テレビで指摘されていた件

東京都墨田区猫カフェ「ねこのて」が営業停止処分に!

 

東京都は墨田区にある猫カフェ、「ねこのて」。こちらのねこのてが現在、猫カフェとしては史上初の営業停止処分を言い渡されたことで、大変話題になっています。

 

今回、墨田区のねこのてが営業停止処分になったのは、ねこのての猫に対する管理が不十分だったからです。詳しくは以下の引用文をご覧ください。

 

30平方メートルのカフェのスペースなどで、スコティッシュフォールドマンチカンなど高級なネコを放し飼いしていたところ、繁殖が進んで、上限10匹としていた都への申請を大きく上回る62匹に増えたということです。
また、猫が多すぎるため、衛生面の管理が行き届かず、都に近隣から苦情が相次いでいました。
「臭いの苦情は結構聞いたことあります」(近所の人)
都では、この猫カフェに対し、21日から30日間の業務停止命令を出しました。

 

出典:

「猫増えすぎて・・・ 猫カフェに業務停止命令」 News i - TBSの動画ニュースサイト

 

このように、主に衛生面においての管理が行き届いていなかったようです。

 

60匹の猫たちのうち、およそ40匹もの猫が風邪を発症していたにも関わらず、獣医に診せるなどの処置を怠っていたとのこと。

 

ねこのては雑居ビルの2Fにあり、広さは6畳ほどだと言います。そんな狭い空間であるにも関わらず猫を繁殖させすぎたため、ネコ間の風邪の伝染が早かったのでしょう。

 

また、以前からお客さんによるクレームが多発していたそうです。たとえば猫の調子が悪そうだとか、異臭がするだとか……人によっては動物愛護団体に伝達する人までいたようで。

 

ちなみに調査したところ、このねこのては昨年末に、とあるテレビ番組で「不衛生な猫カフェ」として取り上げられていました。にも関わらず、いまのいままで放置していたのは残念で仕方がないですが……。

 

そのときテレビで取り上げられた内容については、引き続きご紹介していきます。興味がある方はこのまま記事を読み進めていってください。

 

みんなのニュース シュザイブで獣医から指摘が!? にも関わらず……!

 

「東京のとある猫カフェの衛生面やサービスが気になる」として、2015年12月15日放送の「みんなのニュース シュザイブ」において、今回営業停止処分となったねこのてが取り上げられていました。

 

番組では猫たちが咳やくしゃみをする姿がクローズアップされており、番組を観れば誰しもが「猫の体調が悪そう…」と思うほど。やはりシュザイブでも、病気の疑いがあるのではないか? と問題視されていました。

 

そこでシュザイブがこのVTRを獣医師に見せたところ、明らかに集団感染が起こっているとの指摘が。さらにねこのての内、1匹のマンチカンを獣医師が診察したところ、複数感染症を患っていることが発覚。その感染症の中には、人間に感染する可能性があるものも見られたそうです。

 

ちなみに、この時点で確認された猫の数は36匹でした。しかし、今回営業停止処分を受けた時点での猫の数は60匹。なんと倍近くに猫の数が膨れ上がっています。これはネコが集団感染していることが判ったにも関わらず、去勢手術などの手を打たずに放置していたということになります…。

 

猫を責任を持って飼うために! 去勢や定期健診をしっかり行おう!

 

猫たちの異常に気付きながら放置していたことにより、猫カフェとしては史上初の営業停止処分を受けてしまったねこのて。今回の一件は残念で仕方がありませんし、私個人としても、苦しい環境に閉じ込められていた猫たちに非常に心を痛めました。

 

しかし、猫の体調不良や繁殖については、何もねこのての猫たちに限った話ではありません。猫を飼っている飼い主さんであれば、決して無視はできないことなのです。

 

まず繁殖についてですが、これは猫の性格上、どんな猫にも起こりうることです。というのも猫は家の外に出やすい生き物ですので、いつ近隣の野良猫と接触するか判らないからです。その結果、飼い猫が望まれない妊娠をすることは多々あります。

 

それを防ぐためには、やはり去勢手術をオススメします。適齢期としては生後6ヶ月以内とされていますので、飼いはじめにすぐ行うのが良いでしょう。費用は15000~30000円ほどが相場とされていますが、これは内容や病院によって料金が異なりますので、近くの動物病院に直接確認されることをオススメします。

 

次に猫の体調不良についてですが、こちらもやはりどんな猫にも起こりうるもの。私たち人間が体調を崩すように、猫だって風邪を引くし、体調を崩すのです。

 

猫の体調の変化のサインとしては、くしゃみや咳が代表的です。これらが頻繁に続くようであれば、できるだけ早く動物病院に連れて行ってあげましょう。

 

また、直接的な症状が見られなくても、定期的に病院で観てもらうことをお勧めします。こちらは手間も費用もかかりますが、猫は大事な家族ですから、手間を惜しまないのも愛情だと思います。

 

以上で今回の記事は終わりです。みなさん、最後までお読み頂きありがとうございました。