日常の中の非日常.com

日常の中の非日常

iphone修理店での経験を生かして役に立つ情報を発信していくブログ

東京五輪のエンブレムが組市松紋に! 作者野老朝雄の代表作品3選とは!?

2020年東京オリンピックのエンブレムは、組市松紋に決定!

 

2020年の東京五輪のエンブレムが、組市松紋に決定したようですね。エンブレムをめぐって審議がたびたび交わされていたようですが、本日正式に2020年東京五輪のエンブレムが正式決定されました。

 

さっそくteitterでは話題になっており、エンブレムの象徴である「組市松紋」というワードがトレンドワードになっています。

 

 

このように''渋い''という感想を抱く人が数多く見受けられました。では、そんな渋いエンブレムの作者はどのような人なのでしょうか?

 

このエンブレムの作者は野老(とこ)朝雄さんという方だそうです。が、野老朝雄さんの名を聞いたのは、今回の2020年東京五輪のエンブレムの一件がはじめてという人が多いと思われます。

 

ということで今回は、野老朝雄さんについてお伝えしたいと思います!

 

野老朝雄さんの五輪エンブレム以外の代表作品は!?

 

野老朝雄さんは、様々な経歴をお持ちのお方です。東京造形大学のデザイン学科建築専攻科を卒業したのち、東京アニメーションカレッジ専門学校の非常勤講師や、武蔵野美術大学の非常勤講師を務めています。

 

これらの経歴を生かして、様々な作品を世に輩出している野老朝雄さんですが、中でも特に有名なのは、今回の組市松紋エンブレムを覗いて3つでしょう。一つ目は以下のPPP magnetです。

 

f:id:kspippi:20160425201414j:plain

 

こちらは和風なデザインが特徴的で、新日本様式100選に選出された作品です。新日本様式に選出された作品はいずれも名作ばかりで、例えばサントリーのお茶「伊右衛門」や、ニンテンドー3dsなどがこれにあたります。これは皆さんが知っているグッドデザインですね。

 

次に有名なのは、FRP Ftownビルでしょう。こちらは宮城県に設立されたビルで、日本建築仕上学会において住宅部門を受賞した作品です。野老朝雄さんはもともと学生時代に建築を学んでいただけあって、この手の建築においてもその高いデザイン性を発揮しています。

 

3つ目はあのファッションブランドISSEY MIYAKEとコラボレーション作品です。皆さんは街中でこう言うバッグを見たことがありませんか?

 

 

 

 

こちらはISSEY MIYAKEと野呂朝雄さんのコラボレーション作品で、デザインを担当したのが野老朝雄さんだったそうです。確かにこのデザインは、今回の五輪エンブレムに通ずるものがあると感じます。

 

終わりに。野老朝雄さんの反応は!?

 

では最後に、今回五輪エンブレムに選ばれた野呂朝雄さんの反応を紹介しましょう。以下の引用文をお読みください。

 

頭が真っ白です。とても長く時間をかけた、我が子のような作品です」

 

出典:野老朝雄さんってどんな人? 東京オリンピックの新エンブレムを制作

 

このように、驚きと歓喜が入り混じった感想を述べられています。2020年の五輪エンブレムに選ばれて嬉しい反面、驚きもあったのでしょうね。

 

五輪エンブレムの選出は出来レースだったという噂もありますが、噂の真相はともかく、今回選ばれた野老朝雄さんの組市松紋エンブレムが素敵だと思います。2020年の東京五輪で、このエンブレムが掲げられるのが今から楽しみですね!