日常の中の非日常.com

日常の中の非日常

iphone修理店での経験を生かして役に立つ情報を発信していくブログ

仰天ニュースでイギリス呪いの家! 持ち主が語る、歴史に隠された秘密がヤバい!

5/25放送のザ! 世界仰天ニュースで呪いの家が紹介…

 

5/25放送のザ! 世界仰天ニュースで、ワケあり物件が特集されます。特集されるのは3つの物件で、それぞれ

 

  1. 沖縄の豪華物件
  2. イギリスの呪いの物件
  3. ハワイの豪華物件

 

以上3つです。

 

今回の記事ではこの3つのうち、とくに2番のイギリスの呪いの物件にフォーカスします。

 

フォーカスするポイントは、

 

  • イギリス呪いの家の歴史と秘密
  • イギリス呪いの家の驚きの値段

 

以上の2つです。これらはおそらく皆さまが気にされるところなのではないでしょうか。

 

では、さっそくではありますが、見ていくとしましょう。ご興味がある方は、引き続き記事をお楽しみいただければと思います!

 

イギリス呪いの家の持ち主ヴァネッサ・ミッチェルが語る、驚きの歴史と秘密とは!?

 

私が調べたところでは、この呪いの家、かなりヤバいです…。その歴史と秘密を知ったときは、気温の暑さを忘れ、思わずヒヤっとするほどでした。

 

ではまず、仰天ニュースで紹介される呪いの家の歴史と秘密について明かしていきましょう。

 

結論から述べますと、ヴァネッサ・ミッチェルさんが購入した家は…

 

中世で監獄

 

だったんです。

 

これだけでもかなり衝撃的ですし、いわく付きの物件を証明するには十分です。

 

しかし、呪いの家には更なる秘密が隠されているのです。それは…

 

魔女狩りの舞台として使われていた

 

ということです。

 

かつて監獄だったというだけでもかなりヤバいのですが、さらに魔女狩りで使われていたとなると、もはやなにも起こらないほうが不自然とさえ思えますよね。

 

魔女狩りについては、すでにみなさんある程度知っていると思われますので、割愛させていただきます。世界史の教科書で紹介されていましたからね。

 

以上が仰天ニュースで紹介される、イギリス呪いの家に隠された歴史と秘密です。

 

イギリスの呪いの家が、どれほどいわく付きの物件であるかをご理解いただけたと思います。

 

では、そんないわく付きのなかのいわく付きとも言える物件では、何が起こったのでしょうか?

 

こちらに関して、持ち主であるヴァネッサ・ミッチェルさんが報告している内容は下記のとおりです。

 

  • 腹部にけられたような鈍い痛みを受ける
  • 持ち主が妊娠8か月目の時、階段から転倒する
  • 家の防犯カメラに、怪しい映像が映りこむ
  • 持ち主の娘のベッドに、黒い大きな影が佇む

 

この4点のうち、特に気になるのが「防犯カメラに、怪しい映像が映りこむ」ということ。

 

いったい、どのような映像が映りこんだというのでしょうか?

 

調べたところによると、防犯カメラには…

 

バフォメット

 

らしきものが映りこんでいたようですね。

 

バフォメットとは、黒山羊の頭を持つ悪魔のことです。

 

バフォメットはタロットカードのデザインや、ゲームキャラの元ネタとして使われていて、たびたび目にする機会があるので、みなさんも一度は見たことがあると思います。

 

バフォメットの起源は様々ですが、中世では魔女たちが仰ぐ神様として位置づけされていたのだとか。

 

この点、イギリス呪いの家の歴史と関連しますよね。

 

このように、あまりにもおかしなことが家の中で起こるため、ヴァネッサ・ミッチェルさんは複数の有名な霊媒師の方にお祓いを頼んだそうですが、いずれも効果はなかったとのこと。

 

そうしてヴァネッサさんは家を売りに出し、出て行ったそうです。

 

では最後に、仰天ニュースで紹介されるこちらの呪いの家の値段についてみていきましょう。

 

いったい、いくらで売られているのでしょうか?

 

興味がある方は、最後まで記事をお楽しみいただければと思います!

 

イギリス呪いの家が売られている? その金額とは…?

 

現在、仰天ニュースで紹介されるイギリスの呪いの家は、売りに出されています。

 

経緯は上述のとおり、あまりにもおかしなことが家の中で立て続けに起こったので、持ち主が売りに出したのですね。

 

では、こちらの呪いの家はいったいいくらで売られているのでしょうか?

 

その金額は…

 

18ポンド

 

です。これを日本円に直すと…

 

約3070万円

 

になります。

 

しかしながら、3070万円とだけ聞いてもかなり高額ですので、あまりピンと来ないのではないでしょうか?

 

具体的には、呪いの家が3070万円というのは安いのか高いのかわからないですよね?

 

実はこの呪いの家、高いのか安いのかで言いますと、かなり安いです。

 

イギリスの家の平均金額は、約4500万円とされています。

 

平均よりも1500万も安いですね。

 

しかも呪いの家は、かなりおしゃれなコテージ風のデザインで、ロケーションも素晴らしい。

 

この情報を付け加えると、さらにお得な感じがしますよね。

 

事実ヴァネッサさんも、物件の購入前は、かなりお得だ条件だと思っていたそうです。

 

不動産屋さんは物件の問題点については言っていなかったので、ヴァネッサさんはそのまま購入してしまったんですね。

 

しかし、いわくつきの物件ということが分かってしまった以上、いくら安くてもなかなか売れないでしょう。

 

イギリスではこの呪いの家は、「イギリスで一番ヤバい家」として知れ渡っているそうですし。

 

実際、まだ物件は売れていないようですし、買う見込みがある人もいないそうです…。

 

ではでは、記事は以上となります。

 

近頃暑くなってきましたが、こちらの記事で少しヒヤっとされたのではないでしょうか?

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!