日常の中の非日常.com

また壊れたの.com

iphoneのトラブルに秒で答えるブログ

東京グール実写に清水富美加で「ないわー」の声。反応は?

実写版東京グールに清水富美加が出演。トーカ役に「ないわ」の声続出!

 

東京グール実写のキャストに、清水富美加さんが選ばれました。トーカ役を演じると言うことで、すでにネット上では「ないわー」の声が続出しています。

 

まずはその反応をまとめていきたいと思います。

 

 

 

 

 

このようです。特に原作ファンはトーカのことを知っているので、清水富美加さんとはイメージがかけ離れていることが判っていますからね。この反応はすごく自然だと思います。

 

「ないわー」の理由は?

 

東京グール実写自体が「ない」と言えばそうなのですが、それでは話が終わってしまうので、なぜ清水富美加さんがトーカ役を演じることに対してこうも否定的な意見が多いのかを考えてみます。

 

私が思うに、やはり「イメージとかけ離れすぎている」からでしょう。トーカは男勝りですが、どこか儚げなく美しいキャラクターです。少し影がある美少女というか。

 

それに対して、清水富美加さんはキラキラしていますよね。どちらかと言うと口数が多く、元気な印象の方です。

 

以下のセリフを対比すれば判りやすいと思います。まずトーカのセリフ。

 

 

これに対して、清水富美加さんのセリフ。

 

 

このように、この文章だけで全然違うということが判りますよね…笑 トーカちゃんが「初めましてだけどいい感じ鳥取県」なんて言わないと思うんですよ。

 

終わりに

 

もちろん役になりきるでしょうから、清水富美加さんはいつもとは違う演技で臨むはずです。

 

しかし、それでもイメージ出来ませんよね。特に原作をしっている側からしたら、清水富美加さんがトーカのイメージと合致させることなんて無理があると思ってしまいますよ。

 

とは言え、原作者の石田スイさんからは太鼓判を押されているようで…。奇しくもよろしくないスタートを切ってしまいましたが、清水富美加さんがどのようにトーカを演じるか見ものです。

 

では、記事は以上となります。最後までお読みいただきありがとうございました。