日常の中の非日常.com

日常の中の非日常

iphone修理店での経験を生かして役に立つ情報を発信していくブログ

富里スイカロードレースで重体者。原因は熱中症ではなく食中毒か?

富里スイカロードレースで男性が意識不明の重体

 

本日千葉県で行われた「富里スイカロードレース」で、参加者の男性が意識不明の重体に陥ったという事件が発生しました。

 

また、意識不明の男性以外にも、ほか8人が熱中症のような症状を訴えているということで、現在問題になっています。

 

今回の記事では、その原因について考えていきたいと思います。ご興味がある方は、引き続き記事をお読みください。

 

原因は熱中症? それとも食中毒?

 

富里スイカロードレースでの一見は、現在「原因を究明中」とのことです。

 

消防や警察が立ち会っているようで、これから本格的に原因が究明されていくのでしょうね。

 

ただ、現在のところは熱中症という見方が強いようです。これは現場の気温が、約29度と高温だったことと、スイカロードレースが「3キロ~10キロ程度走る」ためですね。

 

ですが、私はこれを見たとき、疑問に思いました。なぜなら大勢の参加者が、一度に体調不良を訴えるのがおかしいと感じたからです。

 

参加者のうち、一人が意識不明の重体、8名が熱中症のような症状を訴えていますが、体調不良により救護室を訪れた人数は、述べ40人以上だったそうです。

 

一般的に、熱中症にかかりやすくなる気温は、30度くらいからと言われています。また、湿度によっては、それ以下の気温でも熱中症にかかったりすることがあるらしいですね。

 

ですが宮里スイカロードレースでの気温は、約29度。また、湿度は48パーセントから約70パーセントで推移しており、そこまで高いとは言えません。

 

そして40人もの人が、一斉に体調不良を訴えたという事実。これは普通のマラソンでは考えにくいことですよね。

 

そこで私が思ったのが、食中毒ではないか、ということです。宮里スイカロードレースで支給されたスイカが原因で、食中毒にかかった方が続出したのではないかと。

 

今後の宮里スイカの評判がやばい?

 

上記は私の推測に過ぎませんが、今後の宮里スイカの評判が危ぶまれますよね。

 

なぜなら、今回の一件で「宮里スイカを食べて人が倒れた」という事実が広まるからです。仮に原因がスイカになかったとしても、少なからずブランドイメージは傷つくものだと考えられます。

 

さて、宮里スイカロードレースで起きた一件は、目下究明中ですが、今後どう動いていくのかが注目ですね。

 

しばらく事件の動向を見守っていきたいと思います。

 

では、記事は以上です。最後までお読み頂きありがとうございました。