日常の中の非日常.com

日常の中の非日常

iphone修理店での経験を生かして役に立つ情報を発信していくブログ

イ・ボミ連覇の陰にチョ・ボムスあり! 指導方法が他とは違う?

イ・ボミ連覇にチョ・ボムスが大貢献!

 

プロゴルファーのイ・ボミさんが連覇を果たしたことで話題になっていますね。

 

連覇という結果はもちろんのこと、勝利後のコメントでもにぎわっているようです。「私を支えてくれた人のおかげ。私はただのロボット」という謙虚すぎるコメントに、好感を持った人がたくさんいるんですね。

 

イ・ボミさんを支えた人の中に、チョ・ボムスさんと言う人がいます。おそらくイ・ボミさんの連覇にもっとも貢献したのは、このチョ・ボムスさんでしょう。

 

ということで、今回はイ・ボミさんを支えたチョ・ボムスさんについて書いていきます。ご興味がある方、引き続き記事をお楽しみくださいね。

 

イ・ボミを連覇に導いた、チョ・ボムスの指導方法とは?

 

チョ・ボムスさんは、イ・ボミさんの師匠にあたる存在です。現在はコーチとして活動しているのですね。

 

また、チョ・ボムスさんはコーチとしてプロゴルファー界ではあまりにも有名です。その手腕から「世界の名コーチ50人」にも選ばれているほどの実力者。

 

その指導力には、イ・ボミさんも絶大な信頼をおいているようです。付き合いはイ・ボミさんが高校3年から続いていますからね。

 

で、その指導方法なのですが、やはり他のコーチとは違うようです。

 

特にチョ・ボムスさんが大事にしているのは、スイングのインパクトらしいですね。

 

多くのプロゴルファーはスイングにおいて型や動作を大事にしますが、チョ・ボムスさんいわく「インパクトが正確ならいいスイングができる」とのこと。これを昔からずっとイ・ボミさんに叩き込んできたようです。

 

当のイ・ボミさんも、この考えが染みついている様子。以前スイングについてインタビューを受けた際に、「スイングでもっとも大事なのはインパクトの瞬間」と答えていましたから。

 

ただ、今でこそ2人の信頼関係は堅いですが、昔はそうでもなかったようです。

 

というのも、イ・ボミさんがチョ・ボムスさんの指導を怖がっていたからですね。

 

ただ、現在はチョ・ボムスさんも丸くなったことから、指導による怖さはないみたいです。むしろ、その信頼関係はより強くなっているようですね。チョ・ボムスさんは「もう教えることはない」と言っているのですが、それでもイ・ボミさんは必ずチョ・ボムスさんに頻繁に教えをこうようですから。

 

終わりに

 

自分ひとりで連覇できたのではない、というイ・ボミさんの姿勢はとても素晴らしいと思いました。また、自分のことをロボットと表現していましたが、多くの人が「こんなかわいいロボットなら欲しい」と言っていたのには笑いましたね笑

 

今後も活躍が期待されるイ・ボミさん。コーチのチョ・ボムスさんとともに、今後も二人三脚で頑張っていってほしいものです。

 

では、記事は以上です。最後までお読みいただきありがとうございました。