日常の中の非日常.com

日常の中の非日常

iphone修理店での経験を生かして役に立つ情報を発信していくブログ

MAXの仲間はずれはミーナ? 6年間の絶縁で新人とも不仲で性格悪い

MAXがしくじり先生に。仲間はずれは?

 

MAXが今日のしくじり先生に出演します。「6年間のドロドロ」を語るということで、一部で話題になっているようですね。

 

しくじり先生はまだ放送されていませんが、この「ドロドロ関係」について興味を持った私は、番組の放送に先駆けて調べてみることにしました。

 

するとMAXのメンバーの中で、事実上「仲間はずれ」にされているメンバーがいたことが判ったのです。

 

今日はその辺り、少し掘り下げていこうと思います。ご興味がある方は引き続き記事をお読みください。

 

MAXの仲間はずれはミーナだった? その理由がドロドロしすぎている

 

今日放送のしくじり先生の概要が以下の通りです。

 

  • MAXのナナ、リナ、レイナが、ミーナと6年間絶縁状態だったことを話す

 

ですので、ドロドロ関係にあり、仲間はずれとなっていたメンバーはミーナで間違いありません。

 

では、なぜMAXがそのような関係になってしまったのかと言いますと、原因はミーナの「できちゃった婚」にありました。

 

ミーナが2001年に妊娠が発覚し、翌2002年には結婚。この年、ミーナは産休のため、MAXを脱退したのです。

 

その事実を、残されたMAXメンバーの3人(ナナ、リナ、レイナ)が裏切りと捉えたんですね。当時のメンバーの発言は、

 

リーダーのNANAから最初に出た言葉は、「なんで? なんで、できたの? たまたま? 欲しかったの?」と、怒りながらの質問。

引用元:今、語られたMINA妊娠の裏側。「MAXを裏切った女」放送に大反響 | MAX | BARKS音楽ニュース

 

このとおりです。リードボーカルだったミーナの脱退は、MAXにとって深刻な問題でした。だからこのときは、メンバーの幸せよりも、グループ脱退に対する不満の方が大きかったようです。

 

今日のしくじり先生で語られる、6年間のドロドロ関係とはこの期間中のことですね。このころミーナは沖縄に帰っていたようですが、この間ほんとうに一切の連絡を取らなかったらしいです。

 

ちなみに、ミーナが脱退したあと、アキというメンバーが加入しますが…新メンバー加入も、MAXの3人は祝福できなかった様子。仲が悪く、あまり交流がなかったとされていますからね。

 

で、その後、ミーナは産休を経て2008年にMAXへ復帰しますが、その時点でもなお確執は続きます。

 

なぜなら、そのころには「ミーナだけ勝ち組」という図式が明らかに成り立っていたからです。なので、ミーナと他3人となっていたんですよね。

 

たとえば以下のような発言があります。

 

「勝ち組とのプライベートの付き合い方に悩む」

と告白。

Nana

「子どもの話で(勝ち組が)スタッフと盛り上がっても入れない」

と違和感を感じていることを告白。

引用元:MAXグループ内確執発覚

 

結婚したミーナを勝ち組と皮肉し、残り3人のメンバーは負け組と表現。ミーナ復帰時、残りのメンバーは「当時、ミーナの結婚を祝福できなかったのが情けなかった」と反省の言葉を述べていましたが、やはり確執は解消されていなかったようです。

 

ネット上の意見は

 

これに対し、ネット上ではさまざまな意見が飛び交っていました。ですが、驚くことに、ほとんどの人がMAXの3人に対して、否定的な意見を述べていたのです。

 

  • メンバーの結婚を祝福できないなんて…
  • 新人を仲間はずれにした集団
  • 性格がわるい

 

このようです。たしかにいずれも事実に基づいた正論なので、擁護が難しいところです…。

 

おそらくこの確執は、今後も解消されることがないのでしょう。一度こじれた関係は、なかなかに修復が困難ですからね…。

 

最後に、途中加入したメンバー、AKIさんの脱退について知りたい方は以下の関連記事をクリックし、お読みください。こちらもかなり闇が深いですよ。↓↓

MAXのAKIこと前田亜紀とは?

 

では、記事は以上となります。最後までお読みいただきありがとうございました。