日常の中の非日常.com

また壊れたの.com

iphoneのトラブルに秒で答えるブログ

高田明の年収は? プレゼン能力の高さで数億円!?

高田明前社長が、CMに出演

 

ジャパネット高田を引退した高田明前社長が、はじめてジャパネット高田以外のCMに出演することで話題になっていますね。

 

高田明さんと言えば、独特のプレゼンが印象的です。あの巧みな話術で、思わず商品を欲しい! と思った方も多いのではないでしょうか?

 

また、人柄の良さから、ジャパネット時代は社員から絶大な信頼を寄せられていたようです。高田明さんが引退時に放送されたスペシャル番組では、ジャパネットの社員がみな涙していましたね。

 

今回は、高田明さんにフォーカスします。特に注目するのは、高田明さんのプレゼン能力。私自身すごく興味がありますし、特に社会人の方は学ぶべき点がとても多いと感じます。

 

さらに、高田明さんの年収についても取り上げます。かなり稼いでいる印象の高田明さんですが、具体的にどれくらい年収があるのかも気になりますよね。

 

それでは、引き続き記事をお読みくださいね。

 

高田明のプレゼン能力の高さの秘訣は、○○にあった!?

 

高田明さんは、どんな商品でも売れる人です。その証拠に、たとえ番組で紹介された商品が私たちにとって興味がない商品だったとしても、高田明さんの説明を聞くうちに気付けばめちゃくちゃほしくなっていたという経験が、誰しも一度はあるかと思われます。

 

これって、ある意味最強のスキルだと思うんですよ。物を売る力っていつの時代でも通用する普遍的なスキルですからね。特に営業マンや販売員の方は、このスキルを高めたいはずです。

 

そこで、高田明さんのプレゼンの秘訣について調べてみました。すると、意外にもそのコツは基本的なところにあるということが判りました。以下に4つのポイントを記載します。

 

・結論を冒頭に出して相手に求めている結果を提示する。
・元気よく話してみる。
・専門用語をちりばめて、話に説得力を持たせる。
・価格やスペックではなく、それで何ができるのか?を考える。

 

このようです。高田明さんが意識していることは、ごくごく基本的なことばかりなのですね。

 

このうち、特に大事なのは最後の「価格やスペックではなく、それで何ができるのか?を考える」ということでしょう。お客さんにとって一番知りたいことは、だいたいにおいて「その商品を使ったら、自分はどうなれるのか」ということですからね。

 

つまり、商品を買った後の未来が知りたいわけです。高田明さんは、その未来をイメージさせるのが異常にうまいんでしょうね。

 

思い返せば、そういうシチュエーションが多かったと思います。例えばビデオカメラをプレゼンするときに、このビデオカメラでお子さんの運動会の様子を撮りましょう! など、えらい具体的な説明でしたからね。

 

ここをお客さんに意識させるために、話に説得力を持たせたり、元気よく喋ったりしているということが判りますね。

 

ちなみに、専門用語を多用すると言うのは、ヘタをすればお客さんの反応を下げてしまい、成約率が下がってしまう行為です。ですが、高田明さんの場合は、あえて専門用語を多用することで、お客さんに「この商品はすごい商品だ!」と思わせる効果を狙っているのだそう。

 

高田明の年収は?

 

最後に、高田明さんの年収についてお話しします。

 

ジャパネット高田の年商は、平均して約1700億円と言われています。これを高田明さん一代にして築いたというのですから驚きです。

 

そんな高田明さん自身の資産は、600億円を超えると言われていますね。このことから年収を考えると、高田明さんの年収は数億円から数十億円に昇ると思われます。

 

もっとも、これは会社の利益によって変動するわけですが、それでも億は下らないでしょうね。おそらく高田明さんは、もう何もしなくても十分に余生を謳歌することが出来るはずです。

 

では、記事は以上になります。最後までお読みいただきありがとうございました。