日常の中の非日常.com

日常の中の非日常

iphone修理店での経験を生かして役に立つ情報を発信していくブログ

布川桃花の障害の真相とは。Wikiプロフィールもチェック!

布川桃花が7/21のダウンタウンDXに出演!

 

布川桃花さんが、7/21放送のダウンタウンDXに出演します。

 

ダウンタウンDX放送前ですが、すでに布川桃花さんが出演する! と話題になっているようですね。

 

私も布川桃花さんについて気になりましたので、今回は布川桃花さんについて記事を書かせていただきます。

 

主な内容は、布川桃花さんの噂についてです。なんと布川桃花さん、障害があるんじゃないかと、以前から噂になっているんですね。

 

また、布川桃花さんの出身大学など、ご本人のプロフィールや経歴にも触れていきます。

 

興味がある方は、引き続き記事をお楽しみくださいね!

 

布川桃花の大学などのプロフィールと、経歴は?

 

まずは、布川桃花さんのプロフィールから紹介します。

 

紹介にあたって、WIKIを参考にしようとしたのですが、なんと布川桃花さんのWIKIはありません。ということで、今回は私なりにWIKIを意識したプロフィールを作ってみました。

 

布川桃花さんについて良く知らないという方は、はじめに以下のプロフィールからご確認くださいね。

 

布川桃花WIKI風プロフィール】

  • 生年月日 1994年3月30日
  • 出身地 東京都
  • 身長 164cm
  • 血液型 A型
  • 出身大学 文化学園大学服装学部
  • 特技 トランペットと掃除

 

出身大学は文化学園大学ですね。学部は服装学部で、大学生のときはファッションを勉強していたようです。

 

この大学は、ファッションに特に力を入れているようです。特にファッションショーには定評があるみたいですね。

 

布川桃花さんは、ファッションモデルをしていますし、昔からファッションに関心が強かったのでしょう。

 

布川桃花さんは、2012年の東北コレクションでモデルとしてのデビューを飾り、3年後の2015年にはFASHIONWALKERの専属モデルになっていますね。

 

ただ、ここまでの道のりは簡単ではなかったようです。

 

なぜなら、親の七光りだという批判を受け続けたからですね。

 

これは二世タレントにはつきものですが、人気が出たり、活躍をすると必ず叩かれるんですよね。そういうのが嫌で親の名前を公言しない二世タレントの方はたくさんいますが、布川桃花さんはデビュー当時から親の名前を出してしまっていたんですよ。

 

このため、早期から二世タレントということが発覚してしまったんです。そして、多くの批判を浴びたと。そういうことです。

 

布川桃花の障害の噂とは?

 

ファッションモデルとして着実にキャリアアップし、年々人気が高まっている布川桃花さん。また、親が有名人ということもあり、その人生は明るいものだと思われがちです。

 

ですが、そんな布川桃花さんには、ある噂があるのです。それは冒頭で述べた通り、「布川桃花には障害があるんじゃないか?」という噂のことですね。

 

こちらについて、真相に迫ってみました。私が調べてみたところ、布川桃花さんには障害はないみたいです。

 

なぜなら、ソースがないんですよ。布川桃花さんが障害だと言う根拠は、どこにも提示されていないんですね。

 

では、なぜそんな噂が立ったのか。噂が出るからには、なにかしら理由がないとおかしいですよね。

 

こちらについても調べてみました。布川桃花さんの障害の噂の出どころは一体どこなのか気になりましたからね。

 

すると、大いなる勘違いであるということが発覚しました。真相はこうです。

 

''布川桃花本人ではなく、布川桃花の妹・花音に障害があった''

 

これについて、少し詳しく話しましょうか。

 

布川桃花さんには、花音さんという妹さんがいます。こちらの花音さんは、出生時から数年の間、障害に悩まされていたそうです。

 

病名は、頭蓋底奇形腫。頭蓋骨の底の部分に腫瘍が出来るという病気で、難病に指定されています。

 

頭蓋骨の底の部分は、ちょうど喉の奥にあたります。このため、飲み物を飲んだり、食べ物を食べたりすることがかなり難しくなるんです。

 

それどころか、呼吸すら困難になるんですよ。息を吸えない、飲食もできないとなると、かなり深刻ですよね。

 

布川桃花さんの妹・花音さんは、数年間この病気と闘いましたが、現在は完治したとのこと。病気が治ってからは、特に問題なく日常生活を送れているようですよ。

 

では、記事は以上とさせていただきます。最後までお読み頂き、まことにありがとうございました。