日常の中の非日常.com

日常の中の非日常

iphone修理店での経験を生かして役に立つ情報を発信していくブログ

小野節子のプロフィールや経歴が異色すぎる! オノヨーコの妹は二つの顔を持っていた?

小野節子が、8/3放送の笑ってコラえて! に出演!

 

小野節子さんが、本日8/3放送の「笑ってコラえて!」に出演されます。

 

小野節子さんは、あのオノヨーコさんを姉に持つ方。オノヨーコとは、あのジョンレノンの奥さんとして知られている方ですよね。

 

小野節子さんは、ジョンレノンと共に名が知れたオノヨーコさんの妹さんですから、注目が集まると予想されますね。

 

しかし、小野節子さんはこれまで、テレビなどのメディアに出演したことがほとんどありません。そのため、小野節子さんの存在は、あまり知られていないわけなのです。

 

だから、私は小野節子さんに興味を持ちました。そこで今回は、小野節子さんについて調べてみることにしました。

 

ご興味がある方は、引き続き記事をお読みくださいね!

 

オノヨーコの妹・小野節子のプロフィールは?

 

まず、小野節子さんのプロフィールや経歴を見ていきましょう。ジョンレノンの嫁・オノヨーコさんの妹である小野節子さんとは、いったいどんな人なのでしょうか。

 

小野節子さんは、1941年生まれの、現在75歳です。いまは芸術家として活動していますが、かつては世界銀行のシニアアドバイザーとして活躍していました。

 

このとおり、小野節子さんは、銀行員と芸術家の二つの顔を持ちます。一見なんの脈絡もない二面性ですが、小野節子さんの場合は少しワケが違うんですよね。

 

理由は、小野節子さんの家系にあります。というのも小野節子さんの家系は、銀行員と芸術家の方がかなり多いからなのです。

 

たとえば姉のオノヨーコさんは芸術家ですよね。日本ではそこまで知られていないようですが、アメリカでは有名な芸術家のひとりです。

 

他にも従兄妹に画家がいたり、バイオリニストがいたりとか、小野節子さんの家系には、たくさんの芸術家がいるのです。

 

次に、銀行員について。こちらは小野節子さんの祖父が判りやすいでしょうか。小野節子さんの祖父である小野英二郎さんは、元日本興業銀行の総裁を務めたお方です。

 

このとおり、小野節子さんは、偉大な銀行員と有名な芸術家の血族なのです。

 

もちろん、小野節子さん自身も、銀行員としても芸術家としても優秀です。

 

スイスのジュネーブ大学卒業後、世界銀行に就職をした小野節子さん。アフリカを担当し、業務に勤しむ傍ら、コルコラン大学の美術コースに通い始めたことが、芸術家になるキッカケでした。

 

世界銀行を退職し、28年続けた銀行員を辞めたあとは、芸術活動に専念。現在は姉のオノヨーコさん同様、主に世界で活躍をされているそうです。

 

以上が、小野節子さんのプロフィールおよび経歴となります。家系はもちろんスゴイですが、小野節子さん自身もスゴイですよね。

 

小野節子のことをさらに知るには書籍がおすすめ!

 

小野節子さんについて調べてみましたが、小野節子さんについてはあまり情報が出ていないようです。

 

ですので、さらに小野節子さんについて知りたい方は、小野節子さんの著書「女ひとり世界に翔ぶ」を読むと良いでしょう。

 

こちらは、「なぜ日本は世界で軽視されるのか?」をテーマに、小野節子さんの半生を振り返る内容になっています。小野節子さんのことを詳しく知るには、最高の内容ですね。

 

以下にamazonのリンクを張っておきますので、そちらからご覧ください。ご興味があれば、一冊購入してみても良いかも知れません↓

 

女ひとり世界に翔ぶ ― 内側からみた世界銀行28年

女ひとり世界に翔ぶ ― 内側からみた世界銀行28年

 

 

では、記事は以上となります。最後までお読みいただき、ありがとうございました。