日常の中の非日常.com

日常の中の非日常

iphone修理店での経験を生かして役に立つ情報を発信していくブログ

チャナティプ・ソングラシンのプロフィール!背番号とプレースタイルもチェック!

チャナティプ・ソングラシンが気になる!

 

いよいよ明日、FIFAワールドカップアジア地区予選の第2試合が開催されます。

 

先日の第1試合は、残念ながら日本代表の敗退となりました。そのため、第2試合は日本代表にとって負けられない試合なのです。

 

日本代表の次の相手は、タイ代表。タイ代表は、東アジア最強のチームと言われており、その実力はかなりのもの。

 

中でも、特にチャナティプ・ソングラシン選手は相当な実力の持ち主です。サッカーファンの間では「タイのメッシ」と言われるほどですからね。

 

今日はそんなチャナティプ・ソングラシン選手に迫っていきたいと思います。

 

そんなわけで、チャナティプ・ソングラシン選手に興味がある方は、引き続き記事をお読み頂ければと思います。

 

チャナティプ・ソングラシンのプロフィール

 

まずは、チャナティブ・ソングラシン選手のプロフィールから見ていきましょう。タイのメッシと呼び声高いチャナティブ・ソングラシン選手とは、いったいどんな人物なのでしょうか。

 

 

【チャナティプ・ソングラシンのプロフィール】

 

タイ代表の背番号18番、ポジションはMFですね。

 

背番号18番でピンときた方がいらっしゃると思いますが、背番号18番が与えられる選手は、チームの中でエースと認められた選手だけです。

 

まさに日本語の「おはこ」ですよね。一説によれば、背番号18番はおはこから由来しているのだそうですよ。

 

では次に、チャナティプ・ソングラシン選手の経歴を見ていきましょう!

 

チャナティプ・ソングラシンの経歴は?

 

チャナティプ・ソングラシン選手がプロデビューしたのは、2012年度のことです。

 

デビューした同年にタイのプレミアリーグにおいて、年間最優秀若手賞を受賞したことで話題になりました。

 

さらに、2年後の2014年、チャナティプ・ソングラシン選手はさらに飛躍します。

 

同年に開催されたAFFスズキカップで優勝した際に、MVPを受賞。なんと、史上最年少での受賞で、さらに注目を浴びたのです。

 

そして直近の話では、強豪チームのムアントン・ユナイテッドFCに移籍したという話が話題になりましたね。

 

このように、着々とサッカー界のスターダムを登りつつあるチャナティプ・ソングラシン選手ですが、実は一時期Jリーグに移籍するのでは? という話があったのです。

 

次項で説明します。

 

一時期はJリーグ移籍の噂も…

 

チャナティプ・ソングラシン選手には、一時期Jリーグ移籍の噂がありました。

 

チャナティプ・ソングラシン選手の活躍に注目したJリーグのクラブのいくつかが、目を付けていたんですね。

 

例えば東京FCやジュビロ磐田などのチームです。他にもいくつかのクラブが着目してましたが、特にこの2チームから注視されていたようですね。

 

また、チャナティプ・ソングラシン選手が過去に日本と交流があったのも、着目された理由だったのでしょう。

 

というのもチャナティプ・ソングラシン選手は、2013年時に清水エスパレスの合同練習に参加した経歴があるからです。

 

そこからチャナティプ・ソングラシン選手は、Jリーグに興味を持ったのだとか。

 

結局移籍の話はなくなりましたが、日本側だけでなく、チャナティプ・ソングラシン選手自身もまんざらではなかったようですね。

 

チャナティプ・ソングラシンのプレースタイルは?

 

強い選手と言えば、やはりプレースタイルが気になりますよね。

 

そんなわけで、最後にチャナティプ・ソングラシン選手のプレースタイルを見ていきましょう。

 

チャナティプ・ソングラシン選手のプレースタイルは、スピード型と言われていますね。

 

細かくボールを捌いて相手を抜くよりも、スピードをもって相手を抜くことが得意なようです。

 

また、ひときわ得点への意識が伺えるのも、チャナティプ・ソングラシン選手のプレースタイルの特徴とも言えるでしょう。

 

というのもチャナティプ・ソングラシン選手は、かなり積極的にミドルシュートを狙うタイプなのです。

 

さらに、執拗に相手からボールを奪おうとする姿勢からも、得点意識の高さが伺えますね。

 

メッシはどちらと言えば、細かいボールさばきで相手を抜くタイプかと思われますが、タイのメッシことチャナティプ・ソングラシン選手は勇猛果敢に攻めまくるタイプ。

 

個人的に、こういうプレースタイルの選手は大好きですね。

 

では、今回の記事は以上です。最後までお読み頂き、ありがとうございました。