日常の中の非日常.com

また壊れたの.com

iphoneのトラブルに秒で答えるブログ

アルコール依存症の有名人・芸能人は?離脱症状とはなに?

恐ろしいアルコール依存症

 

みなさんは、アルコール依存症をご存じでしょうか? おそらく、名前くらいは聞いたことがある、という方が大半でしょう。

 

また、アルコール依存症を何となく大きな病気、としか認識していない人が大半かと思われます。

 

しかし、アルコール依存症は、そんな甘っちょろいものではありません。放っておくと大変なことになるのです。

 

有名人や芸能人もかかることがあるアルコール依存症。今回はその恐ろしい症状に迫ります。

 

さらに、アルコール依存症の有名人や芸能人も紹介していきます。

 

以上の内容にご興味がある方は、引き続き記事をお読みいただければと思います。

 

アルコール依存症の症状

 

アルコール依存症による症状の多くが、離脱症状によるものです。

 

離脱症状とは、患者の体内のアルコール濃度が低下することで起こる症状のこと。さらに離脱症状には、早期離脱症状と後期離脱症状の2つの段階があります。

 

この2つの症例を確認しましょう。現時点で、それぞれのフェーズで以下のような症状が確認されています。

 

【早期離脱症状

  • 軽度の幻聴や幻覚
  • けいれんによる発作
  • 全身の震え
  • 不眠
  • 吐き気
  • 発汗(特に寝汗)

 

【後期離脱症状

  • 重度の幻聴や幻覚
  • 見当識障害
  • 激しい発汗
  • 重度の震え

 

ご覧のとおり、初期離脱症状から後期離脱症状に移行すると、その症状はさらにひどくなります。

 

このうち特に厄介なのが、幻覚や幻聴でしょう。後期離脱症状においては顕著となり、見えるはずのない小動物や虫が見えたりするようです。

 

さらに、見当識障害も見逃せません。

 

見当識障害とは、自分の状況を正しく把握できなくなる障害のこと。認知症患者にも認められている障害で、非常に厄介なものです。

 

この見当識障害には、以下のような症状が伴います。

 

  • 現在の季節がわからなくなる
  • 現在の時間(時刻・日にち・何月か、など)がわからなくなる
  • 人を認識できなくなる
  • 自分がいる場所がどこかわからなくなる

 

これだけでも、アルコール依存症がどれほどヤバいかがお判り頂けたと思いますが、末期症状はもっと恐ろしいです。

 

アルコール依存症の末期は逝去です。原因はアルコールの過剰摂取による肝硬変が多いようですね。

 

肝硬変は、基本的に治すことができない病気です。そのため、かからないように予防をすることが大事なのですが、一度なってしまったらもうどうしようもありません。

 

症状は、肺機能の低下です。それを起点として肺不全が起こったり、食道静脈瘤が生じたり……さらに、肝臓がんを引き起こすことだってあり得るのです。

 

以上でアルコール依存症の症状についてご理解いただけたと思います。本当に恐ろしい病気ですよね…。

 

アルコール依存症の有名人・芸能人は?

 

では最後に、アルコール依存症の有名人・芸能人を紹介します。意外なあの人まで実は患者さんでした…。

 

アルコール依存症の有名人・芸能人一覧】

 

アルコール依存症の有名人・芸能人は以上です。

 

こうしてみると、国内外問わず多くの有名人・芸能人の方がアルコール依存症を患わっていたことが判りますね。

 

ちなみに、今回紹介した有名人・芸能人の中には、すでにアルコール依存症から立ち直った方もいます。美空ひばりさんなんかは、すでにお亡くなりになってしまいましたが…。

 

では、記事は以上です。最後までお読みいただき、ありがとうございました。