日常の中の非日常.com

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日常の中の非日常

iphone修理店での経験を生かして役に立つ情報を発信していくブログ

節政健一の年収!勤務先や大学などから考えてみた!

節政健一が情熱大陸に出演!

 

オープンスイマーの節政健一さんが、今週放送の情熱大陸に出演します。

 

今回節政健一さんが挑むのは、ドーバー海峡の横断。これは世界中のオープンスイマーにとって、大きな目標とされています。

 

節政健一さんがこの目標を達成した場合、日本人初のドーバー海峡横断という快挙を成し遂げます。そのため、今週の情熱大陸には多くの注目が集まりそうです。

 

そんな節政健一さんですが、普段の職業はサラリーマンです。サラリーマンと言えば、気になるのは勤務先や年収ですよね。

 

また、大学などの学歴も気になるところです。

 

そこで今回は、節政健一さんの年収、勤務先、大学などの学歴にスポットを当てて、紹介していきたいと思います。

 

以上の内容にご興味がある方は、引き続き記事をお読みください。

 

節政健一のプロフィール! 勤務先や大学などの学歴について

 

まずは、節政健一さんのプロフィールを見ていきましょう。オープンスイマーの節政健一さんとは、いったいどのような方なのでしょうか。

 

 

【節政健一のプロフィール】

  • 氏名 せつまさ けんいち
  • 生年月日 1988年4月8日
  • 現在の年齢 28歳
  • 出身地 宮崎県
  • 結婚の有無 独身
  • 卒業した高校 県立宮崎延丘工業高校
  • 卒業した大学 大学へ進学していない
  • 現在の勤務先 旭化成メディカル株式会社

 

以上が、節政健一さんのプロフィールです。

 

28歳と見た時は、少々意外でした。てっきり35歳くらいかと思っていましたので…失礼ですが、年の割に老けていますね笑

 

そんな節政健一さんですが、どうやら大学には進学していないようです。高校を卒業してすぐに、旭化成メディカル株式会社に勤務しています。

 

では、節政健一さんのプロフィールは以上とさせて頂きます。次に、節政健一さんの経歴をチェックしましょう。

 

節政健一の経歴は?

 

前述のとおり、ここからは節政健一さんの経歴を確認していきます。

 

まず、節政健一さんが水泳を始めたのは、彼が5歳の時でした。開始当初からスイミングスクールに通い、幼いながらも本格的に水泳に取り組んでいたようです。

 

その甲斐あって節政健一さんは、中学生のときには国体出場にまで至ります。

 

当時の節政健一さんは、あらゆる大会で上位入賞をしていたようですが、その後は存外にタイムが伸びず、一度水泳から離れてしまいます。きっと本人の中で、限界を感じていたんでしょうね。

 

しかし節政健一さんは、20歳の頃に水泳を再開します。

 

キッカケは、とあるテレビ番組です。その番組では、津軽海峡を横断するべく泳ぐ人たちの様子が描かれていました。

 

その内容に感銘を受けたことで、節政健一さんの水泳への熱が再燃。ふたたびスイマーとして復活することを決意しました。

 

水泳復帰後の節政健一さんは、競泳選手としてではなく、オープンウォータースイマーとして活動を始めます。

 

活動開始から4年後、なんと単独で津軽海峡の横断に成功。これだけでも並大抵のことではありませんが、さらに新記録を樹立して、大きな注目を集めたのです。

 

節政健一さんは現在、オープンスイマーとして活躍する傍ら、施設の水泳コーチとしても精力的に活動しているようです。自身の水泳の経歴を存分に生かしているんですね。

 

とはいえ、節政健一さんの本業はあくまでサラリーマン。それも勤務先が旭化成メディカル株式会社とあっては、なかなかに多忙だと考えられます。

 

そんな節政健一さん、果たして年収のほどはいかがでしょうか。最後に、節政健一さんの年収を確認して、今回の記事を終えたいと思います。

 

節政健一の年収はいくら?

 

節政健一さんの勤務先である、旭化成メディカル株式会社。こちらは旭化成の系列企業ですので、高い年収が予測されます。

 

そこで、旭化成メディカル株式会社の平均年収を調べてみました。すると、以下のような結果となりました。

 

平均年収 321万円

 

こちらは、「カイシャの評判」というサイトさんを参考にしたデータです。回答者の平均年齢は約25歳。20代半ばでこの年収は、まあ平均そこそこと言った感じではないでしょうか?

 

節政健一さんの年齢は現在28歳。上記のデータにおける回答者の平均年齢に近いので、おそらく節政健一さんの年収は300万台半ばくらいかなと予想されます。

 

それでは、記事は以上とさせて頂きます。最後までお読み頂きまして、誠にありがとうございました。