日常の中の非日常.com

日常の中の非日常

iphone修理店での経験を生かして役に立つ情報を発信していくブログ

解離性大動脈瘤の有名人は?芸能人にもこんなに…!?

解離性大動脈瘤の有名人・芸能人をチェック!

 

今週放送の「奇跡体験!アンビリバボー」にて、解離性大動脈瘤を患わったバスケプレイヤーの物語が取り上げられますね。

 

解離性大動脈瘤は恐ろしい病気です。しかしながら、日常生活ではあまり聞くことのない病気ですよね。少なくとも私はこれまでに、解離性大動脈瘤について聞いたことがありません。

 

おそらく、みなさんもそうだと思います。実際に患わった人は別として、ほとんどの方は解離性大動脈瘤の名前すら知らないのが現状でしょう。

 

ですが、この解離性大動脈瘤。実は多くの有名人・芸能人の方を苦しめてきた、それはもう恐ろしい病気なのです。

 

そこで今回は、解離性大動脈瘤の原因・症例を確認し、最後に有名人・芸能人もチェックします。

 

以上の内容にご興味がある方は、引き続き記事をお読みくださいね。

 

解離性大動脈瘤とは?

 

まずは、解離性大動脈瘤とはどんな病気なのかを確認します。多くの有名人や芸能人の方を苦しめてきた解離性大動脈瘤とは、いったいどのような病気なのでしょうか。

 

解離性大動脈瘤は、以下のように定義されています。

 

大動脈は、外膜、中膜、内膜の3層構造となっており、十分な強さと弾力を持っていますが、なんらかの原因で内側にある内膜に裂け目ができ、その外側の中膜の中に血液が入り込んで長軸方向に大動脈が裂けることを大動脈解離といいます。

 

引用:解離性大動脈瘤(大動脈解離)って?|血管の病気を知ろう!予防にいかそう!血管の病気について 日本血管外科学会

 

このように解離性大動脈瘤とは、大動脈が避けることで起こる病気です。

 

では、次に解離性大動脈瘤の原因を見ていきましょう。解離性大動脈瘤は、いったいどのような原因で発生するのでしょうか。

 

解離性大動脈瘤はなぜ起こる? その原因とは?

 

解離性大動脈瘤が発生する原因の多くは、動脈硬化にあると指摘されています。ですので、動脈硬化の原因を知ることで、解離性大動脈瘤の原因もまた理解することが可能です。

 

動脈硬化とは、動脈の壁が肥大して膨らんだり硬くなることで、その機能が低下する病気のことですね。

 

この動脈硬化は、動脈壁の内側に脂質やコレステロールなどの成分が沈殿することで起こる病気です。そのため、高血圧も動脈硬化の原因として考えられているようですね。

 

また、動脈硬化は高年齢者に多く見られる病気です。そのため、老化現象のひとつとして考えられていますが、若年層で起こることもしばしば。この場合は、先天的なもの――つまり、遺伝であることが多いようです。

 

以上が、動脈硬化の原因です。これらをそのまま解離性動脈瘤の原因として考えると、以下の3点に集約されるかと思われます。

 

  1. 動脈硬化
  2. 高血圧
  3. 先天的なもの(遺伝)

 

では、解離性大動脈瘤の原因については以上です。これで動脈硬化が大きく関係していることがお判り頂けたかと思われます。

 

次に、解離性大動脈瘤の症状を確認していきましょう。

 

解離性大動脈瘤の症状とは?

 

解離性大動脈瘤の症状は、よく心筋梗塞に似ていると言われます。

 

それは、両者の症状が良く似通っているからです。

 

解離性大動脈瘤を患うと、まず胸部に強い痛みを感じます。その後、激痛が肩から背中へ行き、やがて腰へ移動。そして最終的には、足にまで到達するそうです。

 

心筋梗塞もまた、胸部に強い痛みを訴える病気です。後の進行は異なりますが、胸部に強い痛みという点が解離性大動脈瘤と共通していることが判りますね。

 

ちなみに解離性大動脈瘤が進むと、最悪の場合ショックで逝去することもあるそうです。また、そこまで至らなくても、脳卒中心筋梗塞を併発する可能性もあるのだとか。

 

このように、解離性大動脈瘤は、本当に恐ろしい病気なのです…。

 

それでは最後に、解離性大動脈瘤を患わった有名人・芸能人の方をチェックしましょう。ぜひ最後までお付き合いください。

 

こんなに!? 解離性大動脈瘤を患わった有名人・芸能人は?

 

前述のとおり、最後にご紹介するのは解離性大動脈瘤を患わった有名人・芸能人の方についてです。もしかしたらあなたが大好きなあの人も、解離性大動脈瘤を患わっていたかも知れません…。

 

では、さっそくご紹介しましょう。以下が、解離性大動脈瘤を患わった有名人・芸能人の方の一覧です。

 

【解離性大動脈瘤を患わった、有名人・芸能人一覧】

 

以上が、解離性大動脈瘤を患わった、有名人・芸能人の方たちです。こうしてみると、お年を召した方が多いですね。

 

このうち、存命の方もいらっしゃいますが、亡くなった方もいらっしゃいます。特に石原裕次郎さんの場合、解離性大動脈瘤の手術が成功する可能性は、なんと2パーセントだったそうですよ(もっとも、違う病気が原因で逝去されましたが…

 

それでは、記事は以上とさせていただきます。最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。