日常の中の非日常.com

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日常の中の非日常

iphone修理店での経験を生かして役に立つ情報を発信していくブログ

小松和人の生い立ちと兄のその後は?パラノイア患者もチェック!

桶川ストーカーの犯人、小松和人が話題に!

 

今日の仰天ニュースで特集された、桶川ストーカー事件。こちらの事件が現在大反響を呼び、非常に話題になっていますね。

 

私も番組を観ていましたが、かなり印象に残りました。過去の話ではありますが、とてもインパクトのある内容で、しばらく忘れられそうにありません……。

 

それからというもの、桶川ストーカー事件の犯人・小松和人容疑者について興味を持ちました。

 

そこで今回、小松和人容疑者の生い立ちについてと、小松和人容疑者の兄について見ていきたいと思います。

 

以上の内容にご興味がありましたら、引き続き記事をお読みいただければと思います!

 

小松和人の生い立ちとは!?

 

まずは、小松和人の生い立ちを確認していきましょう。桶川ストーカー事件を起こすまで、小松和人容疑者はどのように暮らしてきたのでしょうか。

 

まず、前提として、小松和人容疑者の生い立ちについては、メディアで詳しく触れられていません。そのため、少ない情報に加えて私の考察が入りますが、あらかじめご了承ください。

 

小松和人容疑者には、かつて精神病院に通っていたという履歴があります。これは小松和人容疑者が、パラノイア患者の疑いがもたれていたためです。

 

パラノイア患者とは、別名妄想性障害のことを指します。こちらはいくつかに症状が分類されるのですが、共通しているのは「一般常識で考えてあり得ないことでも、自分が思ったらそれが正しいことになる」ということ。

 

つまりパラノイア患者の中では、自分の妄想>一般常識の感がかなり強いわけです。

 

その証拠に、小松和人容疑者には妄言が目立ちます。たとえば「俺は母親に捨てられた」とか、昔の恋人にも執拗なストーカー行為を繰り返した事実などなど、普通じゃ考えられない異常行動ばかりです。これは仰天ニュースを観た方であればお判りでしょう。

 

また、家庭環境もよろしくなかったのでは……と考えられますね。こちらは警察が身元請負人として、小松和人容疑者の兄を選んだことから合点がいきます。おそらく父・母双方ともつながりが薄かったのではないかと。

 

以上、小松和人容疑者の生い立ちでした。小松和人容疑者にパラノイア患者の疑いが強く持たれていたことは、生い立ちに大きく影響してそうですよね。

 

小松和人の兄とは?

 

小松和人容疑者には兄がいました。先述のとおり、警察から小松和人容疑者の身元請負人として認められていた方です。

 

小松和人容疑者の兄は、小松武史という名前です。こちらの小松武史容疑者は、小松和人容疑者の件で逮捕されましたが、その後はどうなったのでしょうか。

 

こちらについて調べてみたところ、どうやら事件の後、小松武史容疑者は裁判にて無期懲役となったみたいです。

 

あれからすでに多くの年月が経っていますが、逮捕当時の年齢的に、まだ生きているものと考えれます。ということは、現在も独房の中なのでは……と思われます。

 

では、今回の記事は以上です。最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

【関連記事】

仰天ニュースのムキムキ少女・ミラビゾットについてはコチラ

桶川ストーカー事件の犯人・小松和人の両親についてはコチラ