日常の中の非日常.com

日常の中の非日常

iphone修理店での経験を生かして役に立つ情報を発信していくブログ

大黒摩季の子供って!?病気の子宮腺筋症の症状とは!?

大黒摩季情熱大陸に出演!

 

これは個人的に大ニュース! なんと、大黒摩季さんが明日の情熱大陸に出演するそうですよ!

 

いやー、大黒摩季さんがテレビに出演するのってかなり久々ですよね? 昔はヒット曲連発でしょっちゅう番組で見ましたけど、最近はめっきり見なくなったのでかなり驚きましたよ。

 

で、最近まで大黒摩季さんがどうしてたのか。やっぱりこれが気になったんですよ。

 

そこで大黒摩季さんのこれまでについて、いろいろと調べていたんですけれども、大黒摩季さん、かなり大変だったんですねぇ……。

 

特筆すべきはやはり病気でしょうか。なんと大黒摩季さん、一時期は不妊治療でかなり苦しい想いをしていたそうですからね。

 

そこから気になったのは、やはり大黒摩季さんが子供を授かることが出来たのかどうかです。

 

不妊治療と聞くと、その後が気になりますよね。つまり、子供がいるのかどうかですよ。

 

というわけで、今日は大黒摩季さんが患った病気と、その後子供を授かることが出来たのかどうかについてお話していきます。

 

ご興味がある方は、引き続き記事をお読みいただければと思います。

 

大黒摩季が患った病気、子宮腺筋症とは!?

 

大黒摩季さんは一時期、不妊治療の手術を受けていました。

 

その闘病生活は非常に長く、なんと約6年間にも及んだと言います。その間、長期のホルモン治療に加え、2度の手術を経験したと言いますから、なかなかに壮絶です……。

 

で、そんな大黒摩季さんが患った病気ですが、こちらは子宮腺筋症という病気だったみたいです。

 

子宮腺筋症とは、その名の通り子宮の病気です。症状としては、激しい生理痛、月経過多などが代表的で、時には頭痛や嘔吐間、微熱を伴うこともあります。

 

そして、妊娠にかなり影響するとのこと。

 

大黒摩季さんのように子宮腺筋症を患ってしまうと、妊娠がしにくくなるだけでなく、仮に妊娠が出来たとしても流産の可能性が高くなるようですね。

 

実際、不妊治療中の方の多くが、こちらの子宮腺筋症を訴えていると言います。それだけに、女性にとってはかなり危険な病気なのですね。

 

次に、子宮腺筋症の治療についてですが、こちらは子宮の全摘出手術が基本です。ただし、この選択をしてしまうと今後妊娠は望めなくなってしまいます。そのため、現在では子宮を残して手術する方法も確立されているようですね。

 

他にも体外受精するなど、様々な方法が提案されているとのこと。そして、こうした手法の確立により、現在では子宮腺筋症を患っている方でも無事に妊娠・出産を出来たというケースが増えているようです。

 

ちなみに大黒摩季さんは6年間の闘病生活を経て、子宮腺筋症の治療に成功しています。もちろん子宮を残しての治療で、妊娠が出来るようになったとのこと。

 

では、大黒摩季さんは闘病生活を終えた後、無事子供を授かることが出来たのでしょうか? 次項で見ていきましょう!

 

大黒摩季は子供が出来たのか!?

 

大黒摩季さんは、2000年台のはじめに結婚された後、ずっと子供を欲しいと思ってきたそうです。

 

その想いが強かったこそ、6年間の闘病生活を乗り越えることが出来たのでしょう。少々乱暴な言い方ですが、はじめから子宮を全摘出していれば、もっと早くに闘病生活を終えることが出来たはずですからね。

 

それでもその選択をしなかったのは、大黒摩季さんの子供を望む気持ちが強かったからだと考えられます。

 

それで、大黒摩季さんが念願の子供を授かることが出来たのか? についてですが……

 

残念ながら、大黒摩季さんには今もまだ子供はいないとのことです。

 

原因はやはり子宮腺筋症。もちろん大黒摩季さんの場合、治療は完了しているのですが、妊娠と出産にかなり影響しているようです。

 

というのも、大黒摩季さんは不妊治療を終えた後、一度妊娠をしているからです。

 

しかし、結果は流産。その後も体外受精を試みるも、こちらは妊娠すらせずに終了しています。

 

そんなわけで、今なお子供に恵まれていない大黒摩季さんですが……今後、無事子供を授かれることを願います。ここまで努力されているのですから、大黒摩季さんにはぜひ子供を授かってほしいです。

 

では、今回のお話は以上とさせていただきます。

 

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました!