日常の中の非日常.com

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日常の中の非日常

iphone修理店での経験を生かして役に立つ情報を発信していくブログ

アッキード事件とは?誰から発信されたのか調べてみた!

アッキード事件が波紋を広げている……

 

こんにちは。

 

何やらアッキード事件なるワードが世間を騒がせていますよね。

 

これは山本太郎さんの発言ですが、すでに多くの人が反応を見せています。

 

現状、ネットでも週刊誌でも取り上げられ、このアッキード事件はすでに多くの国民の知るところとなりました。

 

そこで今回、このアッキード事件について、さらに掘り下げるべく記事を書く事にしました。

 

ご興味がありましたら、引き続き記事をお読み頂ければと思います。

 

そもそもアッキード事件とは!?

 

まずは、そもそもアッキード事件とはどんな事件なのか。こちらについて見て行きましょう。

 

アッキード事件とは、ザックリ言うとこんな感じです↓

 

国有地の払い下げ問題を揶揄した言葉

 

いま話題になっていますよね、国有地の払い下げ問題。

 

これは森本学園が9億円の土地を約1億円で譲渡された……という内容ですが、この学園に昭恵さんが関与しているんですよね。

 

昭恵さんとは阿部総理の奥さんです。そして、「あきえ」とロッキード事件をかけて、アッキード事件と揶揄されたんですね。

 

これがアッキード事件の概要です。

 

しかし、このアッキード事件は、山本太郎さんから発信された言葉ではありません。

 

山本太郎さんはあくまで発言をしただけであって、この言葉自体は別のところで作られたのです。

 

アッキード事件は誰から発信された言葉なの!?

 

アッキード事件の起点は、いろいろと噂がありました。

 

やれ文春だとか、どこかの週刊誌が作った言葉という見方が強かったみたいですが、実際はそうではありません。

 

私が調べたところによると、どうやらアッキード事件というワードは、ネットから発信されたみたいなんです。

 

そして、そこから週刊誌が使うようになり、その後山本太郎議員の発言によって一気に拡散されました。

 

ちなみに、ネットで発信していた人は、残念ながら特定出来ませんでした。

 

有名人ではなく、一般人の方のようでしたので、なかなか特定は難しいですね。

 

言葉の内容が内容なので、あまり賛同は出来ないのですが、はじめにアッキード事件という言葉を思いついた人は、なかなかに上手だなぁと思いました…笑

 

終わりに

 

以上でアッキード事件が山本太郎さんが作ったワードではない事をご理解頂けたと思います。

 

しかし、発言によりおおっぴらにしてしまったのは山本太郎さん。印象を大きく下げてしまいましたが、今後の挽回に期待したいところです。

 

それでは、今回のお話は以上です。

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました。