日常の中の非日常.com

また壊れたの.com

iphoneのトラブルに秒で答えるブログ

iphoneの画面浮きを自力で直すのは不可能?!応急処置はどうすれば良いの?

iphoneの画面浮きは自力で直すのは不可能!

 

f:id:kspippi:20180507172038j:plain

 

今回は『iphoneの画面浮き』についてのお話です。

 

「最近、急にiphoneの画面が浮いてきて困っている」

 

「明らかヤバい感じがするんだけど、どう応急処置をしたら良い?」

 

このようにお困りのあなたに向けて書きました。

 

まず結論からお話しします。

 

残念ながらiphoneの画面を自力で直すのは不可能です。

 

しかも下手に自分で応急処置をしようとすると、

 

大変なことになってしまうかも知れません…。

 

iphoneの画面浮きを自分で直せない理由とは?

 

これは『そもそも画面が浮く原因』を知れば絶対に納得してもらえます。

 

画面が浮く原因として挙げられるのは、

 

  • バッテリーの膨張
  • フレームの歪み
  • 液晶の剥離

 

以上3つです。iphoneの画面浮きにおいては、必ず上の3つどれかに当てはまります。

 

どれを見ても明らかに修理が必要な内容だと分かります。

 

だから自分で直せないんです。

 

ではここから、上3つの原因について1つ1つお話ししていきます。

 

その中で『簡単な原因の特定の仕方』についても触れていきますね!

 

iphoneの画面が浮いてくる原因その1:フレームの歪み

 

まず挙げられるのが『フレームの歪み』です。

 

iphoneは簡単に言えば2重構造です。

 

これはどういうことかと言うと、

 

まずフレームがあって、その上に画面が取り付けられています。

 

要するにフレームが画面の土台となっているワケです。

 

その土台が歪むとどうなるか。

 

当然、上にある画面にも影響がありますよね。

 

結果、フレームから画面が剥がれ、隙間が出来るというわけです。

 

これがフレームの歪みによる画面浮きです。

 

歪んだ場所に平らな物を置いているのと一緒です。

 

これは経年劣化によって起きやすく、使用年数が長いiphoneほどその傾向が強いです。

 

あなたが同じiphoneを3年以上使っている場合、フレームの変形が原因の可能性があります。

 

また、強い衝撃を与えることでフレームが歪む場合もあります。

 

僕が今までみたやつだと、

 

 

などは、まるでバナナのようにフレームが歪んでいましたね笑

 

最近iphoneに強い衝撃を与えた記憶がある場合も、これに当てはまるかも知れません。

 

iphoneの画面が浮く原因2:バッテリーの膨張

 

iphoneの画面浮きについてもう一つ考えられるのが『バッテリーの膨張』です。

 

iphoneの画面の左下にバッテリーがあるんですが、

 

そのバッテリーが膨らむことで、画面が下から押し上げられるんですね。

 

するとどうなるか、簡単にイメージ出来ると思います。

 

これが一番わかりやすく、もし画面の左側だけが明らかに浮いている場合は、

 

ほぼ確実にバッテリーの膨張が原因です。

 

バッテリーはiphone内部の左側に取り付けられていますからね。

 

チェックしてみてください。

 

iphoneの画面が浮く原因3:液晶の剥離

 

液晶が剥離(はがれる)すると画面が浮きます。

 

iphoneの画面は液晶とガラス面の2重構造です。

 

液晶が下で、その上にガラスが張られています。

 

このガラスと液晶が剥がれてくると、当然画面が浮いてきますよね?

 

剥がれる原因はさまざまで、経年劣化によるものや、

 

画面割れに伴う剥離などがあります。

 

バッテリーの膨張もなく、フレームの歪みもなさそうであれば、

 

画面が剥離していると考えてOKです。

 

iphoneの画面浮きの応急処置とは?

 

次に、画面が浮きの応急処置についてお話ししていきます。

 

画面が浮いた隙間から水が入って水没してしまったら大変ですし、

 

なんとか応急処置はしておきたいものです。

 

ここで取るべき応急処置ですが、それはぶ厚いケースでiphoneの周りを守ることです。

 

画面浮きがわからないくらい厚みがあるケースで、隙間を隠すんですね。

 

こうすることで、隙間に異物が入り込むのを防げます。

 

例えばi-faceなど、ああいうiphoneをきっちり囲えるタイプの物が良いです。

 

プラスチックのケースと比べて値はそこそこ張りますが、それでもiphoneを守る事を考えれば、価値はあると思います。

 

接着剤を使うのは絶対にNG!

 

画面浮きを接着剤でどうにかしようって方がいらっしゃいます。

 

ですが、それは絶対にダメです。

 

間違っても接着剤でくっつけようとしてはいけません。

 

余計悪化するばかりか、もし接着剤が基盤部分にかかってしまうと、

 

その時点でアウトです。

 

あと、接着剤がバッテリーに付着しても危険です。

 

こちらはバッテリーが爆発する可能性がありますからね。

 

もしそんなことになると大変です。

 

どれくらい大変なことになってしまうかは、

 

youtubeとかで検索してもらったら分かります。

 

動画で起こっているようなことがあなたの家で起きます。

 

なので、いくらiphoneの画面が浮いているからといって、

 

間違っても接着剤を使わないようにしましょう。

 

テープで押さえつけるのもよくない

 

画面の浮いているところをセロテープとかで無理やり抑えつけようとする人がいますが、

 

あれもやってはいけないことです。

 

先ほど僕は、バッテリーが爆発してしまうかもとお話ししました。

 

テープで無理やり画面を抑えつけることは、膨らんだバッテリーに圧力をかけることになります。

 

なので爆発する可能性が高まるんです。

 

終わりに

 

以上、iphoneの画面浮きに関するお話でした。

 

とりあえずは応急処置として分厚いケースを使って補強し、

 

その後はなるべく早く修理に出すのが得策です。

 

iphoneの画面浮きは、放置するとだんだんひどくなっていきます。

 

手遅れになる前に、しっかり修理を受けておきましょう。

 

では、今回はここまでです。

 

ありがとうございました。

 

(次の記事はiphone修理の非正規店を利用するメリット・デメリットは!?修理に失敗したらヤバいかも!?です)