日常の中の非日常.com

日常の中の非日常

iphone修理店での経験を生かして役に立つ情報を発信していくブログ

iphoneカメラの左上にビックリマークが!インカメラも使えず真っ暗だけど原因はなに!?

カメラの左上にビックリマークが!!

 

f:id:kspippi:20170709233744j:plain

 

こんにちは、kspippiです。

 

iphoneのカメラを使っていると、画面の左上にビックリマークが現れることがあります。

 

そして画面は真っ暗…インカメラも使えないし、せっかく写真を撮ろうと思ったのに、そんな状態じゃままなりませんよね。

 

おそらくあなたは、現在進行形で上記のような症状に悩まされているのではないでしょうか。

 

そしてその解決策を見出すべく、この記事にアクセスされたのだと思います。

 

今回はそんなあなたに向けて、症状の原因とその解決策についてお話ししていきたいと思います。

 

もしもご興味があれば、最後までお付き合い頂けると幸いです。

 

それでは、いってみましょう!

 

カメラ左上のビックリマークとインカメラが使えない原因!

 

今回の原因として考えられるのは、なんとたったの2つです!

 

ここからはそれぞれの原因について、以下2つの見出しに分けてお話ししていきますね。

 

原因その1:容量の低下

 

iphoneの使用容量が低下すると、様々な不具合が発生します。

 

そして今回のカメラの件も、容量の低下が原因で起こりやすいです。

 

具体的には、残り容量が1GBを下回るとヤバいです。容量がこの数値以下になった場合、カメラ起動時にビックリマークが表示され、画面が真っ暗になり、さらにインカメラも使えないなんて事が起こります。

 

解決策はデータの整理!

 

特にゲームアプリを入れまくっている方は要注意です。

 

あの手のものは、ひとつ入れるだけでも大きく容量を消費します。そんなものを大量に入れていては、容量なんてあっという間になくなってしまいます。

 

他には写真・ビデオなども少なからず影響しますので、大量にアプリ・写真などのデータを保有している人は、この機会に整理しましょう!

 

とは言え、全部消してくださいなんて悪魔みたいなことは言いません。使用可能容量が1GB以上になるように整理すればオッケーです。

 

なお、整理に関しては以下の記事を参考にしてみて下さい↓

 

【参考関連記事】

超簡単にiphoneの写真をバックアップできる神アプリ

 

原因その2:カメラの故障

 

2つ目に考えられる原因としては、カメラの故障が考えられます。

 

iphoneのカメラは、画面に比べると壊れにくいです。が、それでも壊れる時は壊れてしまいます。

 

例えばiphoneを落とした表紙に運悪くカメラが壊れてしまったとか、そういうケースが多いです。

 

特にインカメラは、落とした時に壊れやすいです。

 

というのも、インカメラは画面の上部に設置されているからです。だから画面がダメージを受けると、少なからずインカメラに影響を及ぼすんですね。

 

なので、最近スマホを落としてしまった方は、その際にカメラをやっちゃったのかも知れません。

 

解決策はカメラの修理!

 

当然ながら、カメラが故障している場合は、修理以外に解決策はありません。

 

なので、修理店に依頼する必要がありますよね。

 

ちなみに修理店には、正規店と非正規店の2種類があります。

 

どちらにもメリット・デメリットがありますので、それぞれを理解した上で、どちらに修理を依頼するかを検討しましょう。

 

なお、その詳細については、以下の記事を参考にしてみて下さい。正規店・非正規店を利用する上でのメリット・デメリットについて、双方の比較を交えながら、事細かに解説しています↓

 

【参考関連記事】

意外に知られていないiphone修理の非正規店・正規店のメリット・デメリット!

 

終わりに

 

ここまでのお話で、原因が容量の低下かカメラの故障にあることはお分り頂けたと思います。

 

まずは容量をチェック・整理をしてみて、それでもダメなら修理店を頼るのが良いですね。

 

ではでは、今回のお話はここまでです。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。またお会いしましょう!