日常の中の非日常.com

また壊れたの.com

iphoneのトラブルに秒で答えるブログ

iphoneが雨で少し濡れてしまった!後ほど水没の症状は出てくるの!?

iphoneが雨で少し濡れてしまった…

 

f:id:kspippi:20180508200330j:plain

 

こんにちは、kspippiです。

 

今日はiphoneが雨で少し濡れてしまった場合、後ほど症状は出てくるのか?

 

また、どんな症状が見られるのか、これらについてのお話です。

 

気になる方は最後までお付き合い頂けると幸いです。

 

それでは、いってみましょう!

 

雨による水没はふつうにあり得る!

 

雨によるiphoneの水没は普通にあり得ます。

 

僕はこれまでに、雨による水没を少なからず見てきました。

 

なので雨による水没が起こる可能性は、十分に考えられます。

 

ちなみに「どれくらい濡れたか」はあまり重要ではありません。

 

めちゃくちゃ濡れても水没しない事はありますし、

 

反対に少し濡れただけで水没してしまったというケースもあります。

 

雨に濡れたあとで水濡れによる症状は出てくる?

 

雨でiphoneが少し濡れた程度であれば、

 

たとえ水没していたとしても、すぐに水濡れの症状は表れません。

 

これまでどおり、普通に使える事がほとんどです。

 

でも時間が経つにつれて、

 

徐々に水濡れの症状が出始める事があります。

 

今が大丈夫だからと言って、100%安心は出来ないんですね。

 

では、もしも水濡れの症状が出るとしたら、

 

どのような症状が出るのでしょうか? 

 

ここからはその内容について、お話ししていきますね。

 

少し濡れる事による水濡れの症状3つ

タッチパネルの反応が悪くなる・勝手に文字が打たれる

 

雨に濡れてしばらく経ってからタッチパネルの反応が悪くなってきた場合は、

 

iphoneが水没している可能性があります。

 

画面が割れていない・大きな衝撃を与えていないにもかかわらず、

 

急にタッチが鈍くなった・勝手に文字が打たれるようになったなどの症状が見られたら、水没を疑いましょう。

 

リンゴループが起こる

 

リンゴループが起こった場合も、iphoneが水没している可能性が高いです。

 

リンゴループとは「iphone起動時にリンゴ画面から先に進まない症状」のことを言います。

 

繰り返しリンゴ画面が表れては消えることから、

 

リンゴループと名前がついたようです。

 

もっとも、リンゴループにはいろんな原因が考えられます。

 

iPhoneのリンゴループの原因って?放置やバッテリー交換で抜け出せるの!? - また壊れたの.comという記事で詳しくお話ししてますので、気になる方はチェックしてみてください。

 

少し濡れてから電源が入らなくなった

 

急に電源が点かなくなった場合、水没している可能性があります。

 

これも水没ではよくある症状ですね。

 

ある日突然、まったく電源が入らなくなった時は、水没を疑いましょう。

 

iphoneが水没しているかどうかを確認する方法

 

上で紹介したような症状が出始めたら、

 

iphoneが水没しているかどうか確認してみましょう。

 

確認の方法は簡単です。

 

SIMトレーを引き出して、中のインジケーターの色を見てください。

 

f:id:kspippi:20180508200354j:plain

 

ここの中が赤くなっている場合は、水没しているという事になります。

 

(もし白色であれば、水没反応は出てません。)

 

なお確認の際には、ライトとかで照らしながら見るようにするとわかりやすいです。

 

終わりに

 

もしあなたのiphoneに、上記いずれかの症状が見られ、

 

水没反応が確認出来た場合は、

 

出来るだけ早めに最寄りの修理店に相談をしましょう。

 

水没復旧は早ければ早いほど直る可能性が高く、

 

時間が経つほどに直る見込みが薄くなります。

 

気がつけば手遅れで、やむなくiphoneを買い換えるハメになった…なんて事にならないように、なるべく早めに修理店へGOです。

 

それでは、今回のお話は以上です。

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

またお会いしましょう。