日常の中の非日常.com

また壊れたの.com

iphoneのトラブルに秒で答えるブログ

iphoneバッテリーの寿命を縮める充電方法と長持ちさせるコツ!

iphoneのバッテリーを長持ちさせたい!

 

f:id:kspippi:20170730001000j:plain

 

こんにちは、kspippiです。

 

今日はですね、iphoneのバッテリーを長持ちさせるコツについてお話ししてみようと思います。

 

iphoneを少しでも長く使っていきたい」

 

とお考えのあなた、ぜひ最後までお付き合い頂けると嬉しいです。

 

それでは、いってみましょう!

 

そもそも長持ちとは??

 

まず前提として、iphoneのバッテリーの寿命は約1年半~2年とされています。

 

なのでその期間を過ぎたiphoneは、多くの場合バッテリーが寿命を迎えたと判断されます。

 

このことから、バッテリーを長持ちさせる=2年以上使えるようにするという事になります。

 

なのでここからは、ひとつのバッテリーを2年以上使えるようにする、そのコツについてお話ししていきますね。

 

長持ちさせるコツは充電にあった!?

 

意外かも知れませんが、iphoneのバッテリーを長持ちさせるコツは、充電のやり方にあります。

 

「え! 充電って充電ケーブルを挿すだけじゃないの!?」

 

などと思われたかも知れませんが、意外に侮れないのが充電なのです。

 

実は充電のやり方次第で、バッテリーの寿命は大きく変わるんですね。

 

じゃあどんなやり方が良いんでしょう? ここからお話ししていきますね!

 

充電は必ず純正ケーブルで!

 

まずお話ししたいのは、充電は必ず純正ケーブルで行いましょうってことです。

 

純正ケーブルというのはアレですね。appleオフィシャルのケーブルで、iphoneを買ったときについてきたやつです。

 

じゃあなぜ純正ケーブルにこだわるのかと言いますと、これはiphoneにとって適切な電流を流せるからです。

 

そしてiphoneはそれを前提に充電されるようになっており、他の電流を使っての充電は、基本的に想定されていません。

 

つまり、純正以外のケーブルで充電する事は、iphoneにとって不適切な電流を流し続けることになります。

 

結果、バッテリーに負荷がかかり、寿命を縮めてしまうワケです。

 

それだけでなく、少なからずiphoneの基盤(=核となるパーツ)に影響を及ぼします。

 

そうなると、バッテリーの寿命が縮むどころか、最悪の場合、再起不能になってしまう可能性だって考えられるわけです。

 

実際に僕は、自分が勤めている修理店で、何人もそういうお客さんを見てきました。

 

だからこれは誇張でもなんでもなく、純然たる事実なのです。

 

以上のように、何かとトラブルの種になりがちですから、今後iphoneを充電する際には、必ず純正ケーブルを使うようにしましょう。

 

モバイルバッテリーはNG!?

 

ケーブルついでにお話ししておきたいのですが、充電の際は、必ずコンセントから電気を取るようにしましょう。

 

というよりむしろ、モバイルバッテリーは使うべきじゃないと言うべきでしょうか。

 

先ほどと同じ理由になりますが、実はモバイルバッテリーから流れる電流は、iphoneにとって適切じゃないんですよね。

 

なので、モバイルバッテリーで充電することはつまり、iphoneに負荷をかけるということです。

 

結果、iphoneのバッテリーの寿命を縮めてしまうばかりか、基盤にも影響を及ぼしかねません。

 

ここで少し実例を挙げましょう。

 

過去に「充電が出来なくなった」と相談を受け、ドックコネクター(充電器差し込み口)の交換修理を行ったことがありました。

 

しかしそれでも症状が改善されなかったので、今度はバッテリーを交換してみたんですね。

 

けれど直らず、結局のところ原因は、基盤の不調にあることが判ったんです。

 

で、基盤に不調をもたらしたものが、モバイルバッテリーだったんですよ。

 

つまりモバイルバッテリーが、そのiphoneを再起不能にした…というお話です。

 

少し大げさに聞こえたかも知れませんが、実際に起こった現実です。

 

こうした事態を避けるためにも、緊急時以外はモバイルバッテリーを使わないようにしましょう。

 

アプリを起動しながらの充電は控えよう!

 

これもやりがちなんですが、アプリを起動しながらの充電はよろしくありません。

 

この行為もまた、iphoneのバッテリーに負荷を与えてしまいます。

 

突然ですが、充電しながらアプリで遊んでいて、急にiphoneが熱を持ち始めたりしませんでした? 

 

あれがまさに、バッテリーに負荷がかかっている証拠なのですな。おそらくあなたにも経験があると思います。

 

1回や2回なら特に差し支えありませんが、繰り返すたびにバッテリーにダメージが加わります。

 

つまり、そのたびにバッテリーの寿命をどんどん縮めていっているんです。

 

なので、今後何かしらのアプリで遊ぶ際は、なるべく充電をしないように心がけるのが吉です。

 

過充電には気を付けて!

 

過充電もまた、避けるべき行為です。これはつまり、充電しすぎは良くないですよって事です。

 

なので、バッテリー残量が100%のまま、充電をし続けるのは控えましょう。

 

これをしてしまうと、バッテリーに負荷がかかります。

 

ちなみに過充電とは逆に、電池を使い切るのもよろしくないです。

 

つまり、0%になるまで使うということ。これも過充電と同様に、バッテリーに負荷をかけてしまいます。

 

以上のことから、電池残量が100%になったら、iphoneからすぐに充電コードを抜くことと、電池を使い切らないように注意することが大事と言えますな。

 

終わりに

 

以上の事を守り続ければ、バッテリーが長持ちし、同時にiphoneを長く使い続けることが出来ます。

 

また、もろもろのトラブル防止にもなりますので、可能な限り実行していってください。

 

多少気を遣わなければいけませんが、きっと2年後くらいには「やってて良かった」と思えるはずです。

 

それでは、今回のお話は以上です。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

またお会いしましょう。