日常の中の非日常.com

また壊れたの.com

iphoneのトラブルに秒で答えるブログ

iphoneの指紋認証が突然できなくなった時に考えられる3つの理由

iphone指紋認証が突然不能に!

 

f:id:kspippi:20170727175606j:plain

 

こんにちは、kspippiです。

 

今日はiphone指紋認証が突然できなくなった時に考えられる、

 

その3つの原因についてお話ししたいと思います。

 

また、その解決策についてもお伝えしていきます。

 

いま現在、とつぜん指紋認証がダメになって焦っている方、

 

この記事を最後までお読み頂ければ、きっと何かしらの解決策が見つかるはずです。

 

考えられる3つの理由

1:ホームボタンの故障

 

まず考えられるのは、ホームボタンの故障です。

 

指紋認証機能」はホームボタンと連動しており、

 

当然ながら、ホームボタンがちゃんと機能していることが使える条件です。

 

「でもちゃんとホームボタンは効くよ…?」

 

という方でも、ホームボタンが故障している可能性は捨てきれません。

 

なぜなら、たとえホームボタンが効いていても、

 

画面との接続が甘かったりとかで、指紋認証機能が使えなくなる場合があるからです。

 

その解決策とは?

 

ホームボタンが故障している場合は、修理店で「ホームボタン修理」をしてもらう必要があります。

 

内容としては、ホームボタンを丸ごと交換する感じです。

 

金額は機種によりますが、だいたいどれでも1万円はかからないと思います。

 

2:画面の故障

 

実は画面の故障も、指紋認証の不具合と密接な関係があります。

 

iphoneの画面の裏に、ホームボタンケーブルを接続する部分があるのですが、

 

そこが壊れていると、指紋認証機能が使えなくなる事があるんですね。

 

特に最近iphoneを落としたとか、画面が割れている方はこのケースに該当する可能性が高いです。

 

その解決策とは?

 

こちらの場合は「画面交換修理」が必要となります。

 

これはiphoneの画面を丸ごと交換する修理のことで、

 

多くのお店ではガラス液晶交換修理として扱われると思います。

 

金額は機種によってばらつきがあり、

 

6までの機種なら1万円未満、それ以降に出たiphoneであれば、1万円以上は必須です。

 

特に6s+など、新しめの機種に関しては割高で、

 

だいたい上限2万円を見ておけば問題ないと思います。

 

3:水没の影響

 

iphoneが水没している場合、指紋認証機能が停止する事があります。

 

水没で基盤がやられ、指紋認証に影響が出ているワケですね。

 

少し水没の話をしますが、水没は意外なことで起こる場合があります。

 

例えば汗がiphone内部に侵入して〜とか、雨などの水滴がかかって〜などです。

 

こうした事に気付かず、いつの間にか水没していたというケースは、いまだ跡を絶ちません。

 

その解決策とは?

 

この場合は水没復旧修理が該当します。

 

そもそも水没しているか分からないという方でも、修理店に持っていけばすぐに結果が分かります。

 

ただし、水没の場合は直るかどうかは分かりませんので、最悪諦めなければならない事を、事前に覚悟しておく必要がありますね。

 

終わりに

 

以上、iphone指紋認証が突然できなくなった時に考えられる、3つの理由についてのお話でした。

 

今回お話ししたことは、いずれも僕がiphone修理店に勤務する中で、実際に起こったケースです。

 

なので、このどれかにあなたのiphoneが該当している可能性は、十分に考えられます。

 

心配に思ったのであれば、これを機に修理店を利用しましょう。

 

ではでは、今回のお話は以上です。

 

またお会いしましょう。