日常の中の非日常.com

また壊れたの.com

iphoneのトラブルに秒で答えるブログ

iphone水没後、普通に使えていても実は危険!?その後やるべき事は1つ!

iphoneが水没して使える状態でも安心できない

 

f:id:kspippi:20180501191619j:plain

 

iphoneが水没した後、今まで通り普通に使えていたとしても安心する事は出来ません。

 

例えちゃんと操作は出来るし、充電もスムーズに行えていたとしても、

 

それでも安心する事は出来ないんですね。

 

なぜなら、一度でも水没してしまったiphoneは、

 

いつおかしくなっても不思議ではないからです。

 

一度でも水没したiphoneはその後の動作が不安定になりやすい

 

iphoneは水没すると、その後の動作が不安定になりやすいんです。

 

今は普通に使えているかも知れません。でも明日には液晶に何も映らなくなったり、

 

一切の操作が出来なくなる可能性は十分にあります。

 

iphoneが水没後、動作が不安定になりやすい理由とは?

 

水没による基盤へのダメージが理由です。

 

iphoneにとっての基盤は、生き物にとっての心臓です。

 

水没すると、この部分が大きなダメージを受けます。

 

たとえ普通に使えていたとしても、ダメージはそのまま残っているので、

 

実はあなたのiphoneは、常に満身創痍な状態なワケです。

 

水没したiphoneが使えているうちに必ずやっておくべき事とは?

 

とは言え、iphoneが普通に使えている以上は、修理に出しても意味がありません。

 

水没修理とは『水没して操作が出来ないiphoneを操作可能な状態にする事』を目指す作業です。

 

なので普通に使えているのであれば、そもそも修理対象にならないんですね。

 

しかし、だからと言って何もせずにいるのはリスクがあります。

 

繰り返しますが、あなたのiphoneはいつ使えなくなってもおかしくない状況です。

 

極端な話ですが、明日の朝起きたら、突然使えなくなっている可能性だって考えられるんです。

 

じゃあいま何をすれば良いか。

 

データのバックアップを取ってください。

 

水没したiphoneが使えなくなっても、データのバックアップがあれば安心!

 

iphoneが使えなくなった時、いろいろと困るとは思いますが、

 

中でもトップクラスに困るのは、データがなくなってしまう事だと思います。

 

そんな時にデータのバックアップがあれば、別のiphoneに引き継ぐ事が出来ますよね。

 

なので今のうちにデータのバックアップを取っておきましょう。

 

いざiphoneが使えなくなった時には新しい携帯を購入して、

 

そちらにデータを移せばオッケーです。

 

終わりに

 

以上、水没したiphoneについてお話ししてきました。

 

今回のお話で水没の危険性を十分にご理解頂けたなら幸いです。

 

そして出来るだけ早く、データのバックアップを取りましょう。

 

では、今回はここまでです。

 

またお会いしましょう。