日常の中の非日常.com

また壊れたの.com

iphoneのトラブルに秒で答えるブログ

iphoneが水没してから乾燥に何日もかけるのは逆効果!時間をかけすぎるのはNG!

iphoneが水没してから乾燥に何日もかけるのはNG!

 

f:id:kspippi:20180503231655j:plain

 

iphoneが水没した時、まず行うべき処置は「乾燥」です。

 

とは言ったものの、感想にはどれくらい日にちをかければ良いのか、

 

なかなかイメージ出来ませんよね。

 

ネットの情報を見ていると、

 

「1週間かけて治った!」

 

とか、

 

「10日くらいじっくり乾燥させた!」

 

…なんて情報が出てくるので、もしかしたらあなたは『乾燥にかける時間は長ければ長いほど良い』と感じているかも知れません。

 

ですが、実はこれが間違いなんです。

 

iphone水没後、乾燥にかける時間は『短ければ短いほど良い』というのが正解ですから。

 

今回は現役iphone修理屋の僕から、この辺のお話を出来るだけ詳しくしていきたいと思います。

 

iphone水没後は時間との勝負! 時間をかけすぎるとより悪化する!

 

iphoneが水没してからは時間との勝負です。

 

時間が経てば経つほど内部基盤がダメージを受け、手遅れになります。

 

内部基盤とはiphoneにとっての心臓です。

 

言わば核であり、超重要なパーツです。

 

そこへの被害が大きくなるとどうなるか、言わずとも想像に容易いと思います。

 

僕たちで言うところの、心臓や脳が止まってしまうようなものですからね。

 

僕はiphone修理店に勤めていますが、

 

経験上、水没してからすぐに来られたお客様のiphoneほど、復旧率が高いです。

 

逆に水没してから何日も経過した物は、

 

どれだけ手を尽くしたとしても、ダメな場合がほとんどでした。

 

iphoneが水没してからは乾燥しつつすぐに修理屋へ行こう!

 

以上の事から、いくら乾燥に時間をかけても意味がないばかりか、

 

逆効果であるかお判り頂けると思います。

 

ましてや何日も乾燥に費やすというのは、

 

もうそのiphoneを諦めるに等しいですね。

 

なのでiphoneが水没した場合には、

 

乾燥に時間をかけるよりも、さっさと修理屋に行った方が治る確率は高いです。

 

とは言え、乾燥すること自体は忘れずにやっておきましょう。

 

特別なことをする必要はなく、

 

ジップロックの中にiphoneと乾燥剤を入れるだけでOKです。

 

もちろんすぐに修理をするのは大事なのですが、

 

修理以前に乾燥しているかどうかは、復旧率に大きく関わってきます。

 

なので、乾燥しつつすぐに修理屋へiphoneを持っていくこと。

 

これが間違いなく最善策です。

 

終わりに

 

今回のお話で、

 

  • iphone水没後は乾燥に時間をかけず、すぐに修理屋に行くこと
  • でも乾燥は忘れないこと

 

という事をご理解頂けたと思います。

 

もしこの記事を読んでいる方の中で、

 

今まさにiphoneが水没して困っているという方は、

 

出来るだけ早く修理屋に行ってください。

 

今すぐ行けば、iphoneが無事復旧するかも知れません。

 

では、今回は以上です。

 

またお会いしましょう。